2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

教会の中高科でいま、マタイ福音書の、山上の説教のところを読んでいる。二月半ばまで、これをやっています。

右の頬を打たれたら、左の頬を、とか、幸いである、天国は彼らのものである、とか、格言にもなった、有名な言葉が出てくる辺り。

それに関連して、いじめの話をしました。起きるきっかけ、いじめをする人が、なぜやめられないのか、…構造のような? ものを。

こういう話は、中学、高校ぐらいになったら、人ごとではなくなってくる。自分がされなくても、知り合いや、知り合いの兄弟や姉妹がされたとか、相談されたとか、そういうのが出てくる。

教会に通う子供というのは、日本ではどうしても少数派になります。それだけの理由でいじめられる子もいるし、下手をすれば、社会人でもそれを理由にクビになったりする。さすがに、あからさまに、クリスチャンだからクビとは言わないけどね……。

私が知っているだけでも、クリスチャンが嫌いな担任に、何かとあげつらわれたり、ささいなことで立たされたりと、集中攻撃を受け続けた高校生がいます。クリスチャンだと知った途端、上司から、態度が悪いとか協調性がないとか言われ、クビになりかけた人もいます。

高校生の男の子は、あまりにあからさまだった為、クラスメートが抗議に行きました(良い友達持ったな…ホロリ)。

クビになりかけた人は、なんだか空気が変だと不安になり、親しくしていた別の上役の人に相談して。そちらから注意が行って、なんとかなったらしい。

しかし、怖いのは。その話を聞いた人が、

「被害者が悪い」

と言い出すことがあるところ。です。

信頼したい先生から、あざけられ、攻撃を受け続けた高校生や、真面目に働いていただけなのに、突然叱責を受け噂の的にされた人に、

もう既に十分傷ついている人に、「キリスト教なんか信じるから馬鹿なんだ」とか、「教会なんか行くからダメなんだ」とか言った挙げ句、「あんたが悪いんでしょ」「自業自得」と言う人が、必ずいる。

さらなるいじめが起きる。

そういう発言が出てくる土壌は何なのか。

「違ったところがあったから、被害者が悪い」と言っているわけですが。これは違う。

この二人は、ごく普通に学校に通い、ごく普通に仕事をしていました。

高校生は、多少、やんちゃはしたかもしれない。でも十五ぐらいの男の子なら、まあやるだろうな、という程度。寝坊して遅刻したり、友達と騒いでいて、授業開始の合図に気がつかなかったり、授業中、つい隣としゃべってしまったり。

もう一人の方は、真面目も真面目。日曜日こそ出勤ができなかったが、その分、他の日は決して休まなかったし、同僚の都合が悪い時には、積極的に仕事を代わりに引き受けていた。

それが突然、攻撃を受ける。それも、担任や、仕事の上司という、逆らいづらい、権力を持っている相手に。

パワハラ(パワー・ハラスメント)じゃん。と聞いた時に思った。

キリスト教とか教会がとか言ってるけど、それ、あんまり関係ない。単にきっかけになっただけで。起きていた出来事に関しては、

あいつ、気に入らない。で、立場を利用して、弱い立場の相手に嫌がらせをする、

パワハラ=いじめです。


これね。やっていた本人は、たいてい、「自覚がない」です。セクハラもそうなんですが。

ちょっと強く、なんか言ったかもしれないけど、とか、たいしたことないのに騒ぎやがって、ぐらいの感覚。

理由が単に、「気に入らない」という感情的なものだけなので、した側には、自覚がなかったりする。無意識にやってるんです。嫌がらせを。

意識してないから、何回も繰り返す。

やられた方は、たまったものじゃないんだけど。

そういう訳もあり、問題が発覚した場合も。一応、形だけは謝ったりしますが、後であれこれ愚痴をこぼしたりしますね……たいしたことないのに、騒がれた〜みたいに。自覚してないから。

で、被害者を直接知らない人とかが、え〜、かわいそう、みたいに言い出したり。被害者が悪い発言をしたりする。

あるいは、いじめに気づいていたが、見て見ぬふりをしていた人が、罪悪感から目をそらす為に言ってたり。(良くある。)

でも、パワハラをした人が、悪いことをした、という事実にかわりはない。

被害者が悪いから、いじめが正しいということには決してならない。

便乗して噂を流す真似をしたなら、やった人も悪いことをやったことになる。いじめに荷担したことになります。

……ちょっと脇道それた。戻ります。


***


話をしたのは中学生で、ここまで突っ込んだことは言わなかったのだが、

「誰が」正しいと、「何が」正しいは違う、と話した。

聖書の、「右の頬を打たれたら、左の頬をも差し出しなさい」のあの有名な箇所。

あれは、悪いことされても黙ってガマン。という意味ではない。誤解されやすいが。

二千年前のパレスチナで、右手の甲で、相手の右の頬を叩くのは、


「おまえ、バーカバーカ」

みたいな侮辱の意味があった。

された方は怒る。取っ組み合いのケンカになるのは当たり前。下手すりゃ怒涛の流血沙汰。

だいたい、こういうことする人は、頭に血が登っている。された方もかーっとなる。

で。

キリストが言ったのは、その辺りを踏まえた上でのユーモア混じりの発言。

「右の頬を打たれたら(おまえ、バーカバーカみたいに言われたら)、左の頬を向けてやりなさい(へっ、こっちを打つんなら、おまえがバーカになっちゃうぞと笑ってやんなさいよ)」


右手の甲で左の頬を打ったら、侮辱にならんのです。

それでも無理に右の頬を打とうとしたら、腕を変な風に曲げないとできません。

で、頭に血が登っている人というのは、そんなこと考えない。腕をねじって無理に当てようとするのは、ある程度、冷静な人がやることです。

戸惑います。

勢いがそこで、止まります。クールダウンのきっかけになります。

そうしたら、二人で解決策を考えなさいね。とキリストは言ってる訳です。

この箇所の直前に、「悪人に手向かうな」というのがありますが、これ、ちょっと日本語訳に問題ある。これは「悪さする人にからまれても、まともに相手するな」ぐらいの意味。「悪に悪で返すな」という。つまり、この辺りは、伝統的な日本語では、


「罪を憎んで人を憎まず」

です。

これに近いこと言ってます。

「悪さされたからって、悪さで返すな。泥沼になるよ? べつに、怒っても良いよ。でも、相手に怒りをぶつけるんじゃなく、同じことがまた起こらないように、解決策を考える方向でね」


当時の法律では、目には目を。が普通でした。かなり画期的です。

で、何が言いたいかと言うと。


いじめの構造は、「誰が」正しいと言い合うことで始まり、続く。


ということです。

「あいつが悪い」「私は悪くない」「〇〇さんが言ったから」「だって、みんなやってるし」

これ、全部、「誰が」正しいかを言う言葉です。

「あいつが悪い(私は正しい)」「私は悪くない(私は正しい)」「〇〇さんが言ったから(だから私は悪くない、私は正しい)」「だって、みんなやってるし(だから私は悪くない、私は正しい)」


自分が正しい側にいる。それだけを証明するために、言い続けます。場合によっては、さらにいじめを続けます。

でも、これ言っている人は、実は何も考えていません。

言ってさえいれば、「正しい」側にいられると思っているからです。手段と目的が一緒になっちゃってるので、何か考える余地もない。ただひたすら、言い続けさえすれば、平和なのです。

だから、「では、いじめをなくすにはどうしたら良いの?」「どうしたら、誰にとっても良い結果になりますか?」と問われると、黙ってしまいます。言い続けさえすれば「正しい」だったので、なに言ってんの? 状態。さらに問い掛けても、「誰かを責めたら良いじゃん」としか出て来ないのです。

これでは、標的が変わるだけで、いじめはなくなりません。

***


「何が」正しいか。「何をするのが」正しいか。

これを真面目に考えるのは、かなり大変です。

「誰が」正しいかは、責任を誰かに丸投げして、標的を責めていれば良い。楽です。

しかし、「何が」正しいか。「何をするのが」正しいか。では。

何があったのか、原因を調べ、事実を把握し、

自分自身の無意識に持っている偏見や怒りを見つめ、

怒りによるのではなく、忍耐を持って、お互いに、歩み寄る努力をする。


ことが。行われるからです。と言うか、……これ本来、当たり前のこととちゃうの。見知らぬ者同士で人間関係作るのに。

まあ、重要なことはシンプルなものです。

で、シンプルなことは実行が難しい。人間ってなあ……。

とりあえず。

何かあった時には、考えてみてください。

「誰が」正しい、「誰が」悪い、では、そこで頭が止まります。それしかないから。

「何が」正しいの?

「何をするのが」誰にとっても、良い結果になるの?

そのためには、「どうしたら」?

「私は何を」したら良い? 「何が」できる?


こういうことを。考えてほしい。


……とね。日曜日に話した。大急ぎで。時間なかったから。

中学生、どこまで理解してくれてるのかわかりませんが。少しはどこかに残ってりゃ良いな。

4時間かかったんですよ〜、渡すテキスト書くのにf^_^;



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

うえふ。

キャベツのスープの味付けに失敗しました。や、ザワークラウトと塩漬けの骨付き肉とネズの実(ジュニパーベリー)で味付けした、ドイツのスープをね? 再現しようとしたら、わたし、熱があったらしく。

なにかこう、やらかしました。みたいな物体に成り果てたよ……。

熱のある時に、何か新しい発想で料理しよう! なんて考えたらイカンね……。いつもどおりの、ぼーっとしていても出来上がる料理だけ作ってりゃ~、こんなことには。

こんなことには。

どうしよう、この怪しいスープ……。さすがに父親に食べさせるのは気の毒だったので、父には焼きそば作りました。が。……一人で食べ続けるのか、これ……。


* * *


ネヘミヤです。

時間あいてしまいました。2です。

と言っても、実際に中学生を相手にして話をした時も、その前のエズラ記も合わせて、四回に分けて話していたので、長くなってしまうのは仕方ないのですが。背景となる歴史の説明で、長くなるし。

なお、エズラ記とネヘミヤ記は、重複する部分があるので、もともと一つの文書だったものが、二つに分かれたのではないかと言われています。


* * *


ネヘミヤが、祖国の荒廃ぶりに衝撃を受けたところまで、書きましたが。

ここで歴史の説明を。



ネヘミヤはペルシャの役人でした。彼が仕えたのは、アルタクセルクセス一世(アケメネス朝ペルシャの大王)です。




初代国王 キュロス(在位紀元前559年 - 紀元前529年)
→カンビュセス二世
→スメルディス(前522年、キュロスの息子、カンビュセスの弟)
→ダレイオス一世(紀元前522年 - 紀元前486年)
→クセルクセス一世(紀元前486年 - 紀元前465年)
→アルタクセルクセス一世(前465年-前424年)



初代キュロスから、兄弟で王位をゆずったり、暗殺されたりでいろいろ。六十年ほどで、王さまは6人目になっています。

で、ネヘミヤの二章に、アルタクセルクセス王の二十年目、とあるので、即位してから二十年目。紀元前445年ごろの話らしいとわかります。


ここでちょっとお詫びを。すみません、前回間違えました。エルサレム陥落から六十年、ではなく、陥落の後、解放されてから六十年近く、です。直しました。



バビロニアがペルシャに負けた際、キュロス大王はヘブライの民を解放しています。国に帰って良いと。(ただし、おそらく自由民のみで、奴隷にされた人は含まれなかったのではないかと思われます)

これにより、戻った人たちが、エルサレムの建て直しを始めたわけですが……、


この時代、どこかの国が負ければ、知識層を別の所に連れてゆき、あいた場所に別の民族を移住させる、という政策は、よく取られていました。

エルサレムには、他民族が連れてこられて、住んでいたのです。

そこに戻ってきたヘブライ人。

もめます。

そりゃーもう、もめます。

だって半世紀以上たってるんです。そこで生まれた人にしてみたら、いまさらなんだ。となります。

戻ってきた方からすれば、俺たちの国を好き勝手しやがって! となります。


もめにもめ、争いあい、再建がさっぱり進まない。それでもどうにか神殿は立て直しました。

が、そこからが、また進まなかった。

もめ続けて、町はほったらかし。何かやろうとすれば、足を引っ張る人が出る。お互いに、憎悪を向け合う。またもめる。悪循環です。


律法の書記官、祭司エズラが戻り、どうにかしようとしましたが、ダメ。


そこでネヘミヤに戻るわけですが。彼は、帰国が許されたヘブライの民が、きっと建て直しをしてくれていると思っていたのではないでしょうか。

それが、城壁は壊れたまま、がれきも撤去されず。

帰国の許可が下りてから約六十年。

神殿が壊されてからだと、約百二十年。


なにやってんだ~! となったのも無理はないでしょう。


* * *


ちょっと体力尽きたので、ここまで。あと三回ぐらい書くと思う。ふう。



web拍手 by FC2

ケータイで書いています。逃避中。

お昼にドトールに入りました。ツナチェダーのホットサンドが復活していました。

これ、好きなんだよね。

パンをざっくり切って、ツナと玉ねぎとチェダーチーズはさんで、黒コショウふって焼いたサンドイッチです。冬限定。

まぐまぐ食べました。

で、オマール海老のビスクですが、こちらはサブウェイのメニュー。

スープです。

ビスクってなんだ。と調べたら、甲殻類のからを二度焼きして、出汁とって、クリーム加えて作るスープなんだそうで。

濃厚な味です。

ちなみにビスケットの語源にも関わってました。二回焼く。という意味らしいです。ビスクって。ビスキュイ(ビスケット)は船旅にも持って行ける、二回焼いて水分飛ばした、保存用の食べ物だったんで。もともと。

だからなんだ。と言われたら、何とも言えないんですが。雑学って楽しいよね。


なお、今でこそサンドイッチはありふれた食べ物ですが、

パンに具をはさむ、という行為は、昔は下品とされました。

トレンチャー(トランシャール)と呼ばれる、固く焼いたパンを皿代わりにして、肉や野菜を乗せ、乗っている物だけ食べる、というのが、上流のかたがたの食事でした。

ふやけたら、取り替える。

で、肉汁やら何やら吸って、ふやけたパンは、

その家の奥方が有能な人なら、貧しい人への施しに使われました。

そうでないなら、扱いは家令に一任されていたため、貧しい人に売り、小遣い稼ぎをしていたようです。

あんまり裕福でない家なら、次の日の朝ごはんになりました。

でもまあ、……印象はあんまり良くないわけです。ふやけたパンって。どろどろだったでしょうし。上に乗ってた肉や野菜が、くっついてたりもしたと思われます。そういう状態です。

そういう歴史があったため、パンに何かをはさんでパンごと食べる=なんて下品。という感覚が長らくありました。みなさん、反射的に、ふやけたトレンチャーを連想したのです。

「なろう」の小説を読んでいると、異世界トリップして、ハンバーガーやサンドイッチを「発明」して、貴族も食べています、な描写がわりとあるので……そういう話が。ちょっと違和感ありまして。

スパゲティーもなあ。あれ、もともとは庶民がお腹すいたな〜な時に、とりあえず食べておこうみたいな食べ物で、宮廷では下品とされてたし。

手づかみで食べるものだったんですよ、スパゲティー。やったらわかりますが、手でつかんで食べようとすると、顔を上に向けて、あーん、とやらにゃー、食べられません。どうやっても上品には食べられない料理です。

それで普及したんですがね、フォーク。

その土地で発展した料理やら何やら、その形になったのには理由があるんで……、まあ。

現代の日本人に当たり前なことは、どこの国でも長らく、当たり前ではなかった、という感覚を。書くときには忘れないで欲しいな〜と思います。

そこから、書いてる異世界にリアリティ出たりするしね。

えーとそれでは、逃避終わり。休憩終わり。んでは、細かい作業に戻ります〜。


楽しいよね、雑学。




web拍手 by FC2

ネヘミヤ。旧約聖書に出てくる人です。

現在、中学生対象に、毎週テキスト書いているのですが。ずっと旧約聖書をやっていました。

紀元前7世紀の人ですね。破壊されたエルサレムの町を再建した人で、その関連から、建築関係の会社の名前になっていたりします。

で、なんでこんな所に書いているかというと、

テキスト作って持っていったのに、部活で中学生が来なかった。

仕方ないので、もう一人の先生とテキスト読みました。な、ことがあった為です。だって、せっかく作ったのに! なのに人がいないって、悲しかったんだよ!


* * *


そういうわけで、ネヘミヤ。

調べれば、面白ことがいろいろ出てきました。

当時の状況は、北イスラエルが滅び、南ユダもバビロニアに滅ぼされた状態です。(イスラエル王国は、厳密には、北イスラエルと南ユダの連合王国で、十二部族が別れて住んでいた。対外的には、どっちもヘブライ民族と呼ばれていた)

そのバビロニアも、ペルシャに負けました。

ヘブライ民族は、戦争に負けて属国扱い。知識層が根こそぎ他国に移住させられました(バビロン捕囚)。国に残っているのは、あんまり役に立たないとみなされた農民とか、貧民。その状態で、支配国がころころ変わっているわけです。

ネヘミヤは、そんな中、ペルシャの役人になりました。

相当、有能な人だったみたいです。普通、重要な役職は、支配国の民族が独占するものです。なのに、敗戦国出身の彼が役人になってるって、かなりの運と実力と覚悟が必要です。

実力は最低限の条件で、運も必要。覚悟が必要、というのは、ねたみから暗殺される確率が、敗戦国出身の人の場合、はねあがるからです。

同じ民族なら許せることが、敗戦国の民族なら、許せない。

俺たちに負けた国の人間のくせして、俺たちより高い地位につくとは何事だ。

後ろ盾もないのだし、暗殺してしまえ。

……こういうことが起こります。

聖書では、そういうことは一切書かれていませんが……、少し考えれば、ネヘミヤの置かれていた状況がどれだけ厳しかったか、というのは想像がつきます。

彼は最初、王の毒見役をしていたようです。ワインを先に飲んで、毒による暗殺を防ぐ係です。

なにかあったら、王の身代わりで真っ先に死ぬ役目です。そのためか、ペルシャ王からは厚く信頼されていました。


* * *


ある日、ネヘミヤは、祖国のうわさを聞きます。

バビロニアにより、破壊されたエルサレムの町。その町が、百年以上たった今でも、廃墟のまま放置されている、というのです。

彼は愕然となります。

このときのネヘミヤが感じたショックというのは、海外に移住した人のことを考えるとわかりやすいと思います。

外国に移住した人は、だいたい、二つの方向に進みます。その国の文化を受け入れ、完全にその地の人間になろうと努力するか、

元の故郷の文化を忘れず、それを固持し続けるか。です。

戦前に海外に移住した日本人は多くいました。現在も、彼らの子孫がそこに暮らしているわけですが、その子孫は、日本語がわからない、文化も知らないタイプと、日本の古い風習などを良く知っていて(どうかすると今の日本人よりくわしい)、それを自分の子どもにも伝えようとしているタイプがいます。

どちらが良いとか悪いとかいうのではなく、その時代、その国で、そのときそこで生きていた人が、生きる為に選んだ結果、そうなったわけですが。

ネヘミヤたちもそうでした。

バビロニアに強制的に祖国から連れ出され、帰ることも許されず、世代を経ているうちに、祖国を忘れよう、バビロニアに同化しようとする者もいれば、

忘れないように、祖国の物語を必死で伝えようとする者もいたでしょう。

ネヘミヤは、年齢からして、祖国を見たことがなかっただろうと思われます。

暗殺の危険はありましたが、王から信頼され、身分も保証されていました。

しかし敗戦国の出身、ということで、また、高い身分を得たことで、陥れようとする人、足を引っ張ろうとする人はずっといたはずです。彼の後ろ盾は、王からの信頼のみです。ペルシャの貴族たちと、血縁関係がなく、親戚でも何でもない存在なのです。

王の信頼を失えば、彼に遠慮する者はいないでしょう。即座に暗殺されてもおかしくありません。

その重圧を払いのけるために、誰からも文句を言われないよう、より高い能力を示さねばならず。

ずっと示し続けなければなりませんでした。ストレスは相当なものだったと思われます。

それでも彼ががんばったのは、自分が身分を得ることで、奴隷となった同胞に、少しでも何かできれば、という義務感のようなものがあったからでしょう。

戦に負けた時点で、多くの国民が奴隷になっています。貴族階級でも、どうかすると奴隷にされます。

そうして古代の世界では、一度奴隷にされれば、復権はおそろしく難しい。支配国が変わっても、奴隷にされた人は奴隷のまま、というのが当たり前です。何かよっぽどのことがない限り、自由民にはもどれません。

そんな中で身分を得たものは、同胞をなんとかしてやらにゃー、という義務を負うわけです。

ネヘミヤ記を読んでいて思うのは、

「このひと、A型気質だ」

きっちりしていて、義理堅いというか。長男気質と言うのか。まじめさんです。

それはともかく。

そうやってがんばってきたネヘミヤにとって、自分を支えるものは、

祖国の美しい物語だった、ということです。

見たことのない祖国。

ほとんどファンタジーのように、彼は聞いて育ったでしょう。

はるか昔の王さまや、英雄の物語。神殿や町の美しさ。子供の彼に語った大人たちも、その美しさを強調していたでしょう。

帰りたくても帰れない。その状況にあればあるほど、思い出は美しくなるものだからです。

実力があっても認められない、何かあれば悪口雑言たたかれる、その状況で出世すると、ねたみから足を引っ張られる。実力を見せ付けないといけなくなる。さらにねたまれる。ストレス。またストレス。

それでも、子どものころに聞いた、美しい物語があった。祖国という夢があった。

それがあったから、彼は、自分を支えることができ、がんばることができたのではないか、と思われます。

そんな彼が、廃墟のまま、放置されている祖国の話を聞けば。どれだけショックを受けるかわかると思います。

心の底で大切にしていた、宝物のような場所が、踏みにじられたような思いだったでしょう。




……長くなったので、ここでちょっと切ります。掃除の話まで行き着けなかった。


web拍手 by FC2

体調不良はなんとか回復しましたが、

昨日までの宿題がたまりにたまっていて、ずーっと、ずーっと、椅子に座り続けていました。

語学なんで、辞書をずーっと、ずーっと引き続け。

目がおかしくなった。しまいに。

腰がイタイです。

で、これから、明日、教会に持っていく、中学生用のテキストの作成にかかります。今、旧約聖書をやってるんで、解説とか、歴史上はどんなだったかとか、調べてから書くのですが、

中二の女の子に、妙にウケたらしく。毎回楽しみにしているらしい。そんな事言われたら、手が抜けないじゃないか、うれしくて!




web拍手 by FC2

▼続きを読む▼

ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。