2009 / 12
≪ 2009 / 11 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2010 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ペット用レメディが届きました。うちの犬に使っています。

飲ませるものと、肌に塗るタイプのジェルを取り寄せたので。吐きそうになった時には指に垂らして、口の中に指を入れてなめさせ、吐いた後にぐったりの時には、ジェルを耳の後ろに塗ってやったりしています。

吐くと、胃酸で食道に傷ができるので、なるべく吐かない方が良いのです。

ずっと絶食状態です。固形物を取ると吐く。

重湯、オートミールの上澄み、りんご汁、砂糖水などを飲ませています。

明日、また点滴に連れてゆきます。

こう書くと、重病のようですが、かなり回復してきました。

よろよろですが、立ちたいと意思を見せるようになりましたし、どんよりしていた目に光が戻ってきている。

たまに血便がまだ出ますが……。落ち着いている事は落ち着いている。


☆★☆


夜、一人で犬の様子を見、なでてやっていると、さまざまな事を思い出します。

高校時代の事とか。

あのころ、ごく自然にできていた事、考えていた事が、今ではできない。

できないわけではないんだろうけど、……いろいろと複雑になったよなあ、私。複雑になりすぎて、情熱が逃避行してるよ。熱意ってなに、美味しいの?

考えながら、なでなで。ふーふー言いながら私を見るうちの犬。

「ありがとうな。おまえがいてくれるから、思い出す事、たくさんあるよ」

なでなでなで。ふーふーふー。

「……ちょっと寝てくれないかね、そんな目を見開かれてると、気になるんだけどね。……しんどいか」

なでなでなで。

「かしこいなあ。しんどかったら、足をばたばたして知らせるよね。ちゃんと傍にいるから」

独り言が多くなる。

夜の二時から四地ぐらいまでが、要注意なんだよね。急に吐いて、ぐったりしてたりするし。

朝になって、人の気配がし出すと、落ち着くんだけど。

「一人にされるのが怖いのか。甘えん坊だねえ」

眠い。寒い。お腹すいてきた……あれ。遭難の条件そろったよ。



☆★☆


昨日はちょっと、やばかった。

なでているうちに眠くなってしまって、つい床でうたたね。氷点下です。気温。

「はっ! しまった足が氷」

慌ててストーブつけました。ちなみに犬の方には電気毛布敷いてあります。



☆★☆


つらつら書いているうちに、一時過ぎました。

お茶を淹れて飲む事にします。

今夜は六時まで起きています。

とりあえず、今日。うちの犬は、「外行く~」と要求しました。体力なくて、階段昇り降りできなくて、へたってしまいましたが。行きたいという気力はある。

ぶるぶる震えながら立ちあがり、ゆっくり、ゆっくり歩いていました。

過去の自分にとらわれる事無く、今の自分にできる事を精一杯やっている。

動物から教えられる事、本当に多いです。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト

一時、回復していたうちの犬ですが、深夜に血を吐いて苦しみ出しました。

血便が出て、ぐったりしています。

点滴をしてもらったら、少し良くなりましたが。夜、様子を見に行くと、目を見開いたままぜえぜえ言っています。眠れないらしい。

交代で様子を見ています。

ネットで犬の病気やら何やら調べました。ふと思いついて、フラワーエッセンス(レメディ)を検索。

レメディは、基本、東洋の鍼とか、気とかの考え方に近いものです。花や植物のエネルギーを、太陽の光で水に転写し、生き物のエネルギー(…気、だね)の偏りをなおす、という。東洋医学の「中庸」の発想そのもの。

使うのが、植物のエキスと言うか。そういうものであるだけ。

健康な時にはだから、何の効果もありません。

でも、弱っている時にはかなり効果がある。

以前、ひどい風邪をひいて、精神的にもどん底状態の時に、自分の体で体験したので、信頼できると知っています。成分の分析をすると、有効成分なんてないに等しいのに、それでも効く。プラセボ効果かと思って、説明なしに黙って、人の紅茶に混ぜて出してみたところ(←本当はやってはイケナイ)、どんよりしていた人が浮上したのも目撃しました。

ペット用のもあったよね。確か、動物病院で、末期の動物の苦痛を和らげるのに使ってる所もあるって聞いた。

そう思って検索。あった。

ペット用のがありました。間に合うかどうかわかりませんが、注文しました。

web拍手 by FC2

あう~。終わった~。

まだ少し、細かい所修正したりしているけど。字の間違いとか。もう感想くれた人がいます。ありがたい。

掲載しても反応なかったら、読んでいる人いるのかなって、心配になってくるんだよね。

アクセス数とかは見ているけれど、それだと、ちょっと覗いてナナメ読みしてすぐやめました、でも反映されるから。どんな風に読んでくれているのか、わからない。

ヘコんでいる時に慰めになってたら良いな、とか。共感したり、笑ったり、泣いたりしてくれているのかな、とか。いろいろ思います。

感想が来ると、またそれに刺激受けて、今度はこういう風にしてみようか、とか。思うし。

そういうわけで、読んでいる人。感想をぷりーず(笑)。

いつかあなたの感想が、新しい作品の登場人物になるかもしれません。「イルミネーション」の珠子は、ちょこっとコメントくれたりした人の印象や、一言から出来たキャラクターだったりするんです、実は。


☆★☆


アクセス数を確認すると、

「なろうって、ファンタジーが強いんだなあ……」

「エンディミオン」と「イルミネーション」、アクセス数が倍ほど違う。投稿してまだ二日ぐらいなんだけど。それでこの開き。

現代ものの恋愛ものって、読む人を選ぶのかな。

とりあえず私としては、珠子が泣きながら怒っている場面が書きたくて。その場面を書こうとしたら、「現代、恋愛もの」のジャンルしかなかったので、それを書いたわけですが。

何でかな。こう、十月あたりから? ふっと、泣きながら怒っている女性のイメージが出てきて。あ、これ書きたい、と。

でもジャンルが、どう考えてもファンタジーじゃないんですよ、そうすると。背景が喫茶店や会社のオフィスで。

「書いた事ないしなあ……でもなあ」

悩みましたが、企画があったので。えい、やってみるか! という事で書きました。完結して良かった。

☆★☆

うちの犬は、かなり回復しました。

一時は、自分で起き上がる事もできなかったので。ほっとしました。

今朝もよろよろ、起き上がって「散歩に行く~」とねだる。本当、散歩が好きだね、犬って。

ぐったりしていたのに、よろよろでも起き上がる、その姿を見て、「クラ●が立った!」(by ハイジ)と言ってる飼い主。

喜んでます。喜んでるんですよ、私。ええ。

とりあえず、今日は私ものんびりだらだら過ごします。ちょっと疲れた(*^_^*)

web拍手 by FC2

今、『イルミネーション』の、ラストに向かう最後の山場で苦しみつつ、名前や小道具の調整をしています。

変更入れた所を直してます。登場人物の名前、今になって変えたりしたんで……。


紅茶。

アップルティー(たぶん、フォション)。

ダージリン、セカンドフラッシュ。

ロイヤルミルクティー(たぶん、アッサムを使って)。

が。

出てきます、出しました。

う〜ん……。

先に、出来てる分だけ上げようか?

大学時代からOLになってるんで、大学時代の分だけなら、これ以上変更入らないだろうし……でもなあ。

4時になって、出来てる部分見てから決めます。

ちなみに現在のBGMは、『映画ピアノの森サウンドトラック』です。


☆★☆


現在四時…あ、もう五時。

出来ている分だけアップしました。

修羅場は今書いてます。


☆★☆

8時。食事取りました。

今日は一日二食……しかもさっき食べたのラーメン。

クリスマスの食事じゃないよ(>_<)

ふ〜……そして今、パソコンの中で、春菜と珠子が言い争い中。そこに大地が参入した所です。すごい体力と言うか、気力いるね、修羅場書くの……。


☆★☆

9時。『エンディミオン』、完結済にチェック入れるの忘れてた!

☆★☆

11時50分。『イルミネーション』完結しました。……投稿のあれこれやってたら次の日になりそう……って、なっちゃった、次の日……。

web拍手 by FC2

『エンディミオン』投稿しました。

昔の作品ですが、文字の修正や、Web上で読む文章用に空白を入れたりしていると、結構時間、かかりました。

二本目の『イルミネーション』は今夜仕上げ、明日投稿予定です。

この作品の為に、イルミネーション、見に行きました。取材。そんな事までしたんだし、仕上げます、とにかく仕上げます。今日は十一時ぐらいまで予定、ぎっちりですが。明日は一日空いてる。仕上がるはずです。とりあえず、八割は出来てるし!

で、うちの犬が、風邪です。

人間のがうつったみたいで、高熱が続いていました。ぐったりして何も食べない。

病院に連れていくと、注射打ってくれました。

抗生物質、もらったので飲ませています。

夜中、気がつくと寒い所に移動しているので(犬や猫は、汗をかく事ができないので、具合が悪くなると冷たい場所に行く。でもそれで放っておくと、低体温になって内臓やられる)、様子を何度か見に行き、毛布でくるんでやっています。

それやこれやで、ちょっと時間なくなりました。

三本目の『最後の竜騎士』は、出だししか出来てないので、あきらめました。楽しみにしていた人いたらごめんなさいm(__)m

web拍手 by FC2

大阪で開かれている、クリスマス・マーケットをのぞいてきました。

毎年、大阪のスカイビルの広場であります。今年は時間取れないかと思っていましたが、顔を出す事ができました。

ドイツの食べ物や、クリスマスにちなんだ小物が売られていて、にぎやかです。

メリーゴーランドは子どもたちに人気です。ちなみに馬には一頭ずつ、名前がついています。

とても古い手作りのメリーゴーランドらしい。保存して、手入れして、今でも現役。ヨーロッパの人々の、古いものを大切に使う姿勢には本当に、頭が下がります。

グリューワイン(スパイス入りホットワイン)を注文して、ちびちび飲みます。このグリューワイン、九百円とちょっと高めですが、使ったマグカップを持って帰る事ができます。クリスマス柄のマグカップで、毎年模様が変わる。集めています。

今年は白地に、サンタの絵がついていました。

なお、子ども用にアルコール抜きのものも売っています。ぶどうジュースにスパイス入れて、煮たのではないかと思います。アルコールが苦手な人は、そちらを試してみてね。

砂糖とシナモンでコーティングしたナッツを買いました。ぽりぽり食べると美味しい。

売り場のお姉さんの服装が可愛い。民族衣装っぽい。

「すみません、写真撮って良いですか?」

頼んでみると、照れてから、同じ売り場にいたドイツ人のおじさんと肩を組んでポーズを取ってくれました。ノリが良い(笑)。

ちなみにお姉さんは、「試食どうぞ~」と言って、全種類のナッツをちょっとずつ食べさせてくれました。おおう。サービス、すごい良い!

広場中央には巨大なクリスマスツリー。イルミネーションで飾られています。

見上げて喜ぶ人々。記念写真を撮る家族連れ。カップル。

来る人はみんな、カップルか家族連れで、はしゃぎながら買い物をしたり、食べ物を買ってつまんだりしています。一人は私ぐらいです。

でも私は、楽しそうにしている人を見ているのが結構、好きなので。一人でも割と楽しく過ごせます。

もう一杯、グリューワイン。ナッツをぽりぽり。

うん、幸せだ。お手軽だけど。

ノルウェーの方のトロール人形を売っている店がありました。

「すみません、写真撮っても良いですか?」

売り場のお姉さんに声をかけると、金髪美人なお姉さんは、日本語が話せませんでした。身振り手振りと怪しげな英語、カメラを示してもう一度頼んでみると、

「人形は撮っても良いけど、私は撮らないで」

シャイな人でした。残念。

ノルウェーのトロールはやたら迫力がありました。

ジャーマンソーセージとシチュー、ポテトを平らげて、小物を売る店をのぞき、細工が気に行ったものは写真を撮る。

きゃーきゃー言っている子どもたちと、母親や父親の姿を眺める。

「あ。空中庭園の入場券、なくした」

上から眺めてもみたかったのだけれど。まあ良いか。

小物を売る店の人と話をすると、ドイツまで行って、手作りの品を仕入れてくるらしい。すごい。

きらきらするメリーゴーランド。

「おー、ハンス。元気そうだな」

名前の書かれた馬に挨拶。

「また来年なー」

楽しかったです。

web拍手 by FC2

煮詰まりました。

妙なギャグばかり出て来るのに、本編進まない。

そういう訳で、(どういう訳)BLに挑戦してみました。ただし、ゆずはらの書く物ですので、あんまり期待しないように。


『妖精たちのいるところ』キャラでBLに挑戦。
サブタイトル、「桂まゆさんデビュー良かったね記念SS」



……こんなのデビュー記念にもらっても、あんまりうれしくないかも。


登場人物

瀬尾隆志
トリスタン
触手


☆★☆


 隆志は眉間に皺を寄せ、目の前でうごめく、ぬるつく群を見下ろした。
 触手だ。
 どう見ても触手だ。それが山ほどいる。
 穏やかな日差しと緑美しい妖精郷に、それは恐ろしく不似合いに見えた。

「ってかこれ、どうしろって言うんだ」
「私の配置もよくわからないね」

 トリスタンがにこやかに言った。白い妖精の騎士は、隆志と触手を見比べた。

「鬼畜、という役所らしいが。私の役はただ、君達を見ているだけのようだ」
「見てるだけ?」
「そうらしい。見るより、する方が楽しいと思うのだがね」
「するって何を……や、良いから。言わなくて。で、何なのコレ。俺は何すりゃ良いわけ」
「そこの触手と戯れれば良いらしい」
「戯れって……」

うねうねにょろにょろずるずる。

 何かを期待するように、触手が一斉に震えた。隆志の眉間の皺が深くなる。

「ヤなんだけど」
「君が動かないと、話が終わらないよ」
「見てれば良いだけの奴は、楽で良いよな」
「私もそう思うよ。何なら、私と逃避行するかね? せっかく出て来たそれには悪いが」
「悪いなんて、微塵も思ってないくせに白々しい。放置して大丈夫なのか、これ。って言うか、何なの、こいつ」
「人の想念が凝った物さ。主に女性」

 隆志が沈黙した。次の瞬間、愕然とした風に叫ぶ。

「女の子がこんなモン、何で想像するの!?」

 おそらく、腐のつく女性たちの物であろう。しかし女性に何やら夢を抱いている隆志には、衝撃が大きかったらしい。

「はあ。まあ良いけど。でもさ、逃げられるの? なんか俺、ロックオンされてるっぽいんだけど」

 触手は明らかに、隆志に狙いを定めていた。隆志が右に動けば右に、左に動けば左に、一斉にうぞうぞとうごめく。

「この想念が生まれた目的は君だからね。ああ、大丈夫。放置しても別の誰かを区別なく襲うだけで、満足したら消えるよ」
「それじゃ、逃げられないだろ!」

 うがーっと叫んで髪を掻きむしると、隆志は顔を上げた。

「俺が相手してやりゃ良いんだな……ああもう仕方ない」
「相手をしてやるのかい」
「うん、もう良いや。考えるのめんどくさい」

 そう言うと躊躇なく、ずかずか触手の群の中に歩を進める。

 どかっ。
 ぎゅむっ。
 べしっ。

 思いきり蹴飛ばし、踏み付けながら。

「容赦がないねえ……」
「コレに容赦する必要があるか」

 どかっ!

 押し寄せた触手を回し蹴りで地に這わせると、口の端を上げ、不敵な表情で隆志は言った。

「相手してやるとは言ったがな。優しくしてやるなんて言ってないぜ」

 その瞬間。

 ぶるぶるぶるぶるっ!

 触手の群が一斉に震えた。

「何?」
「あ〜あ。スイッチ押しちゃったよ、君」

 なぜか頬を染め、トリスタンが言った。

「は? スイッチ?」
「わからなくて良いから。がんばってね」
「え……うおわっ!」

 いきなり勢いを増して押し寄せ出した触手を、隆志は蹴り倒し、踏み付けた。げしげし踏み付け、踏み付け、踏み付ける。勢いは良いのになぜか、触手たちは呆気なく倒される。
 倒されてもまた起き上がり、踏まれに行くのだが。

「まだ来るかっ!」

 どかっっ!

「しつこいんだよっ!」

 がしがしっ!

「寄るな触るな気持ち悪ィィィィィッ!」

 どけぐしゃがしっっ!

 蹴倒され、踏み付けられ、罵倒されて触手は、ふるふると震えた。

「がんばれー」

 生温い笑みを浮かべてトリスタンが言う。ぜえぜえと荒い息をつきつつ、振り向いた隆志は、ぎっと睨み付けて叫んだ。

「がんばりたくないわ、こいつら、Mかーッッッ!」

 叫ばれ、隆志の足の下で触手が震えた。心なしか、恍惚としているようだ。

「だからさっき、スイッチ入ったって言っただろう? さっきの微笑がやっぱりねえ。色っぽくて」
「俺に色気なんかあるかーッ!」
「え〜? あるよ。私でもドキドキしたもの。免疫ないお嬢さんがたには、衝撃だったと思うよ」
「何の衝撃!? 何の!?」
「蔑む眼差しに冷笑。優しくしてやれない、なんてセリフ言われたらもう……お願い、もっと蔑んで〜! って言いたくなるよ」
「おまえらの趣味に巻き込むなッ! 俺はノーマルだーッッッ!」

 げしげしげし。

 悶える触手。踏み付ける美青年。眺める鬼畜設定らしい、妖精騎士。

「なんで俺の周りはMばっかりっ! 寄るなって言ってるだろ、馬鹿触手ッ! 何が楽しいんだ貴様らーッッッ!」
「君の資質の問題じゃないかね」

 もう嫌だーッ! と泣きながら踏み付け続ける隆志に、トリスタンはぼそりと言った。だって君、なにげに女王様気質だし。

「まあ、あれだ。足の裏には、ツボがたくさんあるらしいし」
「青竹踏みかいっ!?」
「体には良いのではないかね?」
「精神には大打撃だよ! 自発的に踏まれに来る青竹の群だぞ、しかも喜ぶんだぞ、踏むと!」

 確かにあまり、見たいと思うような物ではない。
 トリスタンはちょっと、首をかしげた。
 そして、言った。

「ファイト〜」
「それだけか!?」

 何気に鬼畜である。方向性がちょっと違っているが。

「そういう奴だよおまえは! だあもう、寄るんじゃない泣くぞ俺はああああああッ!」

 げしげしげし。

「平和だねえ」

 トリスタンは微笑んだ。妖精郷はとりあえず、今日も平和だ。



fin.


※禁断の、触手受け。


そういう訳で! 桂まゆさん電子書籍デビューおめでとう(^O^)/

存在意義が健康サンダルな触手ですが、もらって下さい!

web拍手 by FC2

書いてるんですが…ギフト企画

病み上がりだし、無理しない感じでぼつぼつ。

最初の方が甘酸っぱくて、我に返ると変な笑い方してしまいそうです。

投稿予定は三本。

『イルミネーション』

フツーのOLの恋愛物。

『エンディミオン』

昔書いて忘れてたファンタジー。ローマ神話ベース。

『最後の竜騎士』

投稿するかどうか、まだ不明。ファンタジーぽいエセSFになる予定。


苦労しているのが、イルミネーション。書いた事ないジャンルなんですよね…。フツーの現代物!

苦手。超苦手。でもなんか書きたくなった。でも。

フツーの甘酸っぱいがわからん。(←

ネットで恋愛小説を検索し、甘酸っぱいを必死で習得中。

ハーレクインも読みました。

しかしアレですね十冊も読むと、洗脳されてくような気分ですね。私、今、ハンサムの定義がおかしくなってますよ…。

日本と欧米では、ハンサムの基準が違うんで。

日本の場合、ハンサムや美形は、細身でやや女顔の男性、ですが。

欧米では筋肉ばーん、あご割れてるぜ〜、胸毛どーん、なタイプがハンサムです。


ハーレクイン書いてる作家さん、博士号持ってたり技術職についてた経験あったりして、妙に専門的に詳しい描写があったりするのでおもしろいんですが、


読み過ぎると、ハンサムに筋肉の描写を求めるようになってくるので、注意しましょう(←


……ちなみに、胸毛の描写だけは、なぜセクシィなのかわかりません。なぜなんだ、アメリカのお嬢さんがた!

web拍手 by FC2

書いてるんですが…ギフト企画

病み上がりだし、無理しない感じでぼつぼつ。

最初の方が甘酸っぱくて、我に返ると変な笑い方してしまいそうです。

投稿予定は三本。

『イルミネーション』

フツーのOLの恋愛物。

『エンディミオン』

昔書いて忘れてたファンタジー。ローマ神話ベース。

『最後の竜騎士』

投稿するかどうか、まだ不明。ファンタジーぽいエセSFになる予定。


苦労しているのが、イルミネーション。書いた事ないジャンルなんですよね…。フツーの現代物!

苦手。超苦手。でもなんか書きたくなった。でも。

フツーの甘酸っぱいがわからん。(←

ネットで恋愛小説を検索し、甘酸っぱいを必死で習得中。

ハーレクインも読みました。

しかしアレですね十冊も読むと、洗脳されてくような気分ですね。私、今、ハンサムの定義がおかしくなってますよ…。

日本と欧米では、ハンサムの基準が違うんで。

日本の場合、ハンサムや美形は、細身でやや女顔の男性、ですが。

欧米では筋肉ばーん、あご割れてるぜ〜、胸毛どーん、なタイプがハンサムです。

ハーレクイン書いてる作家さん、博士号持ってたり技術職についてた経験あったりして、妙に専門的に詳しい描写があったりするのでおもしろいんですが、

読み過ぎると、ハンサムに筋肉の描写を求めるようになってくるので、注意しましょう(←

……ちなみに、胸毛の描写だけは、なぜセクシィなのかわかりません。なぜなんだ、アメリカのお嬢さんがた!

web拍手 by FC2

ウイルスに襲われて、敗北してました。

床回り続けて吐き気止まらないし。頭痛いし。

ひたすら寝てましたが。二十四時間睡眠状態。

今、マシになりました。まだ床回るけど頭痛は消えた。ありがたい。

目を閉じて気がついたら夕方って、意識不明状態だったのではとも思いましたが。まあ良いや、頭痛消えたし。よく寝た寝た。

ギフト企画の中編に、詰まってます。起承転結の、起承、まではできたんだけど、転に行き着かない。うーんー。

どうしようかな。先に結末書いちゃおうかな。逆引き辞書ってのもあるし。

ん〜…

そんな感じです。ちなみに昔の作品の方は、修正終わりました。二十四日に投稿します。

web拍手 by FC2

思いきり体調崩しました。

床が回りました。

あ〜。熱。吐き気。インフルエンザではなさそうだけども地味にしんどい。


☆★☆


クリスマス近付くと、紅茶屋さんもいろんなブレンド出してきます。

シナモンが入ったお茶が、大体定番。

これにフルーツやハーブを混ぜてある。

『クリスマス・ブレンド』とか書いてあったら、つい見てしまいます。

スリランカ系のお茶は、

『ミツティ』

というお店をよく利用します。

通販で。

最近は、ここの『ルフナ』という茶葉をよく飲みます。アラブに輸出される事の多い、日本にはあまり入らない茶葉。

どことなくコーヒーみたいな、香ばしい紅茶です。

ミルクティー向きだけど、ストレートでルフナ飲むのも、わりと好きです。

で、見ていたらミツティで、クリスマスのお茶セット、売っていました。

雪だるまの袋に入ったセット。クリスマスブレンドのお茶と、ルフナ紅茶と、ヌワラエリヤが入ってる。

購入しました。届くのが楽しみです

そのまえに、風邪治そ…舌が鈍る…味わからん。
web拍手 by FC2

どうしようかと悩んでいたのですが。

李仁古さんの「ギフト企画2009」。申し込みました。

クリスマス企画です。読者様にクリスマスプレゼントとして、小説を贈ろう! という企画。

申し込んじゃいました。

シャッフル企画も終わっていないのに(←

でもクリスマスだから!(←

……ちょっとね。書いてみたいネタがあるんですが……きっかけがないと書きにくいかなと。フツーの現代もの。

主人公、OL。

ごくフツーのOL。

目から怪光線を出すわけでもなく、トリップして王子様と恋に落ちるわけでもない。

フツーのOL。

相手役の男性も人間。フツーの人間。いきなり魔物に変身するわけでも、先祖にアヤシイ人がいたりするわけでもない、ごくフツーの人間。

その二人の事情を書いてみようと。私としては画期的! もう二度と書くことないんじゃないかと思うぐらいには、珍しい! 今までどれだけ人外ばっかり書いてたんだ、ゆずはら!

自分へのステップアップと言うか、挑戦として、苦手な分野を書いてみようかなと。クリスマスだし。

……フツーの人書くの苦手って、その時点で何か終わっている気もしますが……。

ただ、本当に初めての挑戦なので(←。不安でもあるんですね。まとまるのかなって。

で、保険に。かなり昔に書いたファンタジーがありますので、これも一緒に出そうかな、と思っています。すっかりと忘れていたのですが、出てきました。

そういうワケで、クリスマス。

ギフト企画は、12月24日、25日に「なろう」に投稿されます。気が向いたら、探してみてね。


※ギフト企画掲示板 「秘密基地」の仲間募集、李仁古さんの「ギフト企画2009」から飛べます。

web拍手 by FC2

ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。