2010 / 02
≪ 2010 / 01 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - - - 2010 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

二月が終わるなあ。何となくアンニュイな気分です。

著作権です。

風邪引いて咳で心臓痛い状態で、何でこんな事書いてるんでしょう私。とりあえず、提出しないといけない書類は出したから、頭がどこかに飛んだのかな。飛んで戻ってきたからこの話題なんでしょうかね。げほごほ。

人の作品を、自分のものだと言って発表してはいけません。

当たり前の事ですが。作品を作りたい人間は基本的に、自分の中のものを表現したいものですし。あんまりこういう事やる人はいない……と思いたい。

しかし、引用とかする場合は? など、色々なケースが出てくると、どこまでやって良いワケ? となってくる。

私は絵を教えるアルバイトをしているが、生徒さんからたまに質問されるのは、

「写真集を写して描いた絵を、発表しても良いか」

という質問。

「ダメです」

と返事をする。

「写真集の写真は、作品です。カメラマンの方が作った作品ですから、それを写して絵を描くと、盗作になります。

その場所が気に入って、それを描きたいのであれば、実際にその場所に行って、ご自分でその場所の空気を感じてから描いて下さい。

カメラマンの方の感じた空気と、絵を描く皆さんの感じる空気は、同じものではありません。季節、時間帯、天気、みなさんの体調、様々な理由から、全く違うものになります。

それを描いて下さい。

綺麗な写真だから、写したい。その気持ちはわかりますが、オリジナルを描くと言うのは、そういう事です。ああ、でも、発表せず、練習の為に写したいと言うのなら、大丈夫ですよ」

そう説明する。

実際に、写真集を写した絵を発表して、問題になった人もいた。ちょっと前に新聞に載ったが(←私の生徒ではない。念のため。プロの写真家の本から写した風景画を出品、入賞したが、現在ではもうない場面が風景にあり、指摘があって入賞が取り消された)。本人に悪気はなかったのだが、これは人の作品を自分の作品として発表した事になる。たとえ、絵具やキャンバスは自前の物で、描く時間がどれだけかかったとしても。

文句を言いたげな人がいても(←いる。自分で考えたりするのが面倒で、手っ取り早く綺麗な作品を作りたいらしい)、問題が起きた実例を上げると何も言わなくなる。とにかくやってはいけないのだ、と思うようだ。

で、小説。引用などはどこまで良いのだろう? という問題。

私も自分の作品の中で、歌の歌詞を入れた事がある。著作権の事を考えて、クラシック音楽に限っていたが。百年前、二百年前の人の言葉を引用した。

ただ、この場合も、「日本語に翻訳した人の著作権」が生じる。

元々の本人の著作権は切れている。しかし、「日本語に翻訳した」のが一年前とか二年前とかだったら、確実に著作権が発生している。翻訳した人にも権利があるのだ。

そういう訳で、


自分で翻訳する。


事をゆずはらはやっている。辞書を片手に自分で訳す。これなら、元の文章の著作権は切れているから問題なかろうという事で。

……英語はまだ良い。イタリア語とか泣いた。

リズム的な問題があって、意訳になる事もしばしば。それでも自分なりの解釈をはさむ事ができるので、わりと楽しかったりもする。

参考にしようと、いろいろと検索したら、ものすごく変な訳のブログに当たったりもするし。自動翻訳ソフトで訳した詩とか、読んだら笑うしかないです。観念的な表現が全て、すごい事に。

あとは、「青空文庫」など、著作権が切れた古い訳の作品とか。「あみだくじGoGo!」の第二話、「夜明けを待つ君のために」で「人魚姫」の引用をしたのですが、その時、青空文庫の訳を使いました。

もちろん、後書きで、どこからの引用なのかを明記しています。


☆★☆


著作権について考えるようになったのは、小学校の時の経験と、高校の時の経験から。小学校の時、作文がどうしても思いつかず、そんな時に友人の描いた作文を読んで、ああ、コレ良いなあ。と思ってしまった。それから書いたら、

同じような文章になってしまった。

後で怒られました。真似じゃん! と言われた。自分でもそうだな、と思って、悪い事したなあと思いました。

高校の時は逆で、書いたもの、丸写しされました。

しかも、私が発表するより先に、その人が自分のオリジナルとして発表してしまいました。そうなると、後から発表できません。こちらが真似したと思われます。

文句を言いましたが、本人は罪悪感のカケラも持っておらず、逆に私が意地悪を言っていると言われて泣かれました。イヤな思い出です。この人は、他人からの称賛の言葉に飢えていたようで、知り合いになった人のオリジナルの詩や小説、アイディアなどを、片っぱしから写して、本人より先に自作の小説や詩として、発表していました。と言っても、レポート用紙やノートに書いたものを、同級生に回し読みさせる程度のものなんですが。

それでも、これはやったらいかんだろう、と思った事は事実です。自分なりのものを作ろうとしている人の、努力を土足で踏みにじった事になるのですから。

しかし本人には、何が悪いのかわからなかったようです。その後も同じ事を続けていました。しまいに友人をなくしていましたが……今はどうなっているのかなあ、とたまに思います。

この二つの経験から、小説を書く時、どこかから引用する時は、元になった文章を明記する、を必ずするようになりました。

結果オーライ?


web拍手 by FC2

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

日曜日からおかしかったのですが、微熱が続いていて、だるいです。

楽譜が理解できなかったもんなあ……。

ピアノを弾こうとして、楽譜見たんですよ。そうしたら、楽譜がわからないんですよ。

音符は見える。

でも理解できない。

弾きましたけど。指を動かしたら、次々動いたのでどうにかなりました。実は呂律が回らなくなっていたので、かなり熱があったのではないかと思われます。

ウイルスが気管に入ったらしく、気管と食道がずっとかゆい。たぶん、腫れています。

今日はまっすぐ歩けなくなっていたので、一日寝ていました。

なんかバランス取れないんですよね……(*_*;

でも床はまだ回っていないので、それほどひどい状態ではない。

ミントの湯気を吸い込むと楽になるので、ミントにヒソップを混ぜたお茶を飲んでいます。どちらも殺菌作用の強いハーブです。ショウガのジャムをひと匙落として、ゆっくり飲む。

りんごを良く食べています。食欲はある。

後は、ラベンダーを焚いて、空気を清浄にしています。ラベンダーは神経が穏やかになるので。眠くもなりますが。

ちなみに、この時焚くラベンダーは、仕入れルートの良くわからない安物だと、効果はありません。農薬が除去されずにどっさりはいっていたり、混ぜ物をした偽物の場合があるからです。信用できる店の精油を選ぶのが大事です。

今日はもう休みます…。

web拍手 by FC2

カナダに行った時に、現地のガイドさんに言われた事があります。

「日本人は、『ありがとう』を言いませんね」

カナダの公用語はフランス語ですが、十年ぐらい前まで英語だったので(移民でできた国なので、公用語が変遷する事もある)、英語は良く使われています。店に入ると、聞こえてくるのはほぼ英語。

昼時に、小さな店に案内されて、その時の一言でした。

店を見回すと、他のお客さんは、「thank you(ありがとう)」を言っている。持って来たウエイターさん、ウェイトレスさんに、必ず声をかけています。

それが普通なのだそうです。

対して日本人観光客は、何も言わない。自分たちの話に夢中になっていて、持って来てくれた人に目を向ける事もありません。

「コーヒー一杯でも、持って来てくれた人に、thank you(ありがとう)を言って下さい。相手の目を見つめてにっこりしてくれたら、なお良いです。お願いします」

そう言われて、私たちは慌てて、お礼の言葉を言いました。

旅行が終わるまで、何度か喫茶店や、レストランに入りました。ガイドさんに言われた言葉を覚えていた私は、できるだけ、「thank you」を言いました。微笑みかける。そしてお礼を言う。単純で小さな事ですが、大切な事だと思いました。

それは相手を、人間として見る事だからです。

たった一言。でも、その一言で、人間を見るきっかけになる。日本に戻ってからも、実践しています。

しかし。

実践しない人ももちろんいます。旅行中、ガイドさんに言われて、うん、わかったと言う人ばかりではありませんでした。

「そんなのは、わかってるよ。でもね」

でもね、と言って、言うのが面倒だと、くどくどと言い始める人。

一応うなずきはするが、決して実践せず、無言で無視を貫く人。

男性に多い。

女性は旅行中だけでも、やってみる人が多かった。でも男性は、「thank you」を言っている奥さんや娘さんを横目で見ながら、知らん顔をしている人がとても多かった。面倒くさいのでしょう。

そうして日本に帰ってから、何人の人が、「店の店員にありがとうを言う」事を覚えているか。実践しているか。

あまりいないでしょう。

それでも一度でも実践した人には、可能性が生まれます。いつか、何かの拍子に思い出して、どこかでもう一度、行う事もあるかもしれない。

しかし、一度も実践せず、無視していた人については、その可能性はほとんどない。記憶の隅にも残っていないはずです。

人は、たとえそれが良い事であったとしても。自分の習慣を優先する。自分を変える事を嫌がる生き物だからです。


☆★☆


私はアルバイトで、絵を教えています。初心者向けの簡単なものですが。

元々母が受けた仕事だったのですが、色々あって、私に回ってきました。今でも私で良いのかなあとは思っています。

教えていると、伸びる生徒と伸びない生徒がわかるようになります。

「絵を描くのなんて、小学校以来で……丸もちゃんと描けないんですよ」

と、しゅんとしていた人に、元気づけようと声をかけました。

「他の人と比べる事はないんですよ。今日は、これができた。昨日は、これができた。去年の私より、今年はこれができている。そんな風に、自分のできるようになった事を、一つづつ増やして下さい。忘れてしまっても大丈夫です。一度できたことなら、また出来るようになります。ゆっくり進んで下さいね。焦らなくて良いですから」

そう言うと、うれしそうに笑って、「はい!」と言ってくれました。私の言葉をそうして、実践してくれました。一つづつ、できる事を増やして、喜んで報告してくれたのです。

「今年は、年賀状の絵を描いたんですよ!」

にこにこして報告してくれました。この人は、とても伸びた人です。

一方、何年も同じような絵を描く人もいます。

「ここは、形を良く見て下さい」
「色をもう少し、濃くした方が良いですよ」

アドバイスをすると、必ず「でもね」と言います。

「そんなのはわかってるんですよ。でもね、私はそうしたくないんです」
「でもね、先生。私はこの色で良いんです」

何を言っても、聞きません。最後に、「描けない」と言って持ってきます。

「先生、代わりに描いて下さい」

私、全然うまくならないわ~、とぼやいています。

自分を変えたくない、人の言葉に従いたくない、その一心で描いているので、何年たっても伸びません。

「もう、先生、もっとわかりやすく教えて下さいよ!」

……でもね、が出る限り、どう教えてもわからないと思います。


☆★☆


伸びる人は、小さな子どものように、与えられた助言を喜びながら実践し、自分を変える事をいとわない人です。

伸びない人は、長年の習慣が第一になってしまっていて、自分を決して変えようとしない、それよりは、相手を変えようとして躍起になる人です。

どの分野でも、大体同じです。自己啓発本はいろいろありますが、「習慣」を変える事ができるか否かが、実はかなり重要です。

良い習慣を身につけたいものです。とりあえず、私は店に入ったら、料理を運んで来てくれる人に、「ありがとう」、レジを打ってくれる人に、「ごちそうさまでした」を言い続けています。
web拍手 by FC2

▼続きを読む▼

灯月公夜さんから、回ってきました。たっぷり字書きさんバトン。

考えてると、あれ、私こんな事考えてたのかと気づいて新鮮でした。しかし時間かかったよ(*_*;


☆★☆


たっぷり字書きさんバトン

オリジナル・版権等の違いで答えにくい質問はスルーでどうぞ


★小説を書き始めたきっかけは?

マンガを描こうとして、あらすじをノートに書きつけていたのですが。それがたぶん、きっかけです。

★創作を始めてどのくらい?

小説以外も含めるなら、母のお腹の中で、へその緒を支点にして宙返りをする遊びを創作したのが、一番古い記憶です。小説は、遅かった。完結した作品を書いたのは、大学を卒業してからです。それまでは、小説を書こうという意思は、あまりなかった。

★書いているのは版権ですかオリジナルですか?

オリジナルです。版権ものも書いた事はありますが、残っていません。

★両方書く人は、版権とオリジナルで書く違いをどうぞ(長所短所も織り交ぜて)

版権物は、読者の共通認識がどこにあるかをはかりながら書きます。「その作品で、みんなが普通、知っている事」が何なのか、理解した上で書くと、わかりやすいものとなる。その代わり、はみ出した事はあまりできなくなります。その分、作者の持つオリジナリティが問われることとなります。

オリジナルは、世界を作る所から遊べますが、それでもその世界なりの法則がなければ、嘘臭くなります。逆に言えば、法則性をいかに矛盾なく作れるかで、世界を広げる事ができる。そのために、地理や歴史、政治など、現実の世界の社会的なあれこれを調べて回る必要が出てきます。広いもの作ろうとすると、狭いもの理解しないとです。何にせよ、面白い。

★版権作品はどんなキャラに惹かれて書きたくなりますか?

キャラ……というか。私の場合、世界の成り立ちや法則性に目が行くので、その世界に自分がいたら、どう動くだろうみたいな考え方から入ると思います。

★本(いわゆる小説)を読み始めた時期は?

絵本なら、かなり幼い時からですが。児童文学を除外するなら、小学校の国語の教科書とか。もらった日に全部、最後まで読んでました。児童文学アリなら、小学一年生から。

★本を読むようになったきっかけは?

通っていた教会が文庫をしていて、図書館の司書をしていた人が、本の選択や管理をしていました。すごく良い環境だったと思います。今はもう絶版になっている良書が、山のようにありました。小学校の六年生になるまでに、壁三面一杯あった本を読みつくしました。

★簡単な読書遍歴を。または、好きな作家さん、特に印象に残っている本を挙げてください。

印象に残っているのは、
絶版になって、もう手に入りそうにないのですが、児童文学の「五次元世界の冒険」。(著、マデリーン・ラングル)
バローズの「火星のプリンセス」。
グリム童話集、アンデルセン童話集。イソップ物語集、各地の神話や伝説集。
シェイクスピア。三国志。ルパンやホームズも好きで読んでましたが。やかまし村の子どもたちシリーズ、長靴下のピッピ、赤毛のアン、少女ポリアンナ、小公子、小公女、秘密の花園辺りも好きでした。節操ないですね。

★どんな小説が好き?

主人公が生きている話。

★オリジナルのジャンルをどうぞ

ファンタジーが多いですが。書きたいものに合わせてジャンルを決めます。こないだ恋愛ものを書きました。



●作品について


★これまで書いてきた、または書いている作品のテーマ(主題)は?

……。何だろう。愛と希望?

★一番気に入っている作品を教えてください。

難しいなコレ。その時書きあげた作品かな。

★書きやすいキャラ、書きにくいキャラは?

頼れる兄貴っぽいキャラクターは書きやすいかな。正統派の主人公みたいな感じのキャラクターは逆に、書きにくい。

★舞台設定の特徴

ファンタジーやSFの場合、世界の法則性をまず作ります。魔法にしろ科学技術にしろ、一定の法則の上で成り立ちますから。
現代ものの場合は、主人公がいる「場所」や「立場」を作る所からかな。

★下調べはしますか? 調べる際の愛用の文献(ツール)などあれば。

もちろんします。ネットでも調べますが、図書館にも行きます。

愛用の文献は、
「図説 イギリス手づくりの生活誌―伝統ある道具と暮らし」ジョン・セイモア
「開拓時代の生活図鑑」バーバラ・グリーンウッド
オーギュスト・ラシネの服飾関係の本。
他に、ファンタジー関係では、開拓時代のカナダやアメリカの児童文学が意外と参考になったりします。

★一作の主要人物は、何人くらい?

短編の場合は、二人、ないしは三人。長編は五、六人いたりしますね。

★主人公は男女どちらで書く場合が多いですか?

考えた事ないな。短編やコメディは男性が多いかな。主人公が自分の内面を語る話の場合は、女性が主人公だと書きやすいです。

★主人公は自分にとってどんな存在? 例:自分の分身、あくまでも舞台の中の一役者、など

多分、全員が私の分身です。

★キャラへの愛着に、差はありますか?

連載中の作品と書きあげてしまった作品を比べたら、連載中の作品の方が、愛の比重が重くなっていると思います。


●作風について。


★どんな作風が多いですか? 例:シリアス、コメディ

……はて。シリアスとコメディが多い……です?

★ハッピーエンド派?バッドエンド派?

自分ではハッピーエンドのつもりですが……恋人同士が生き別れて終わりな話もありますね。

★作中で「死」を書くことはありますか?

あります。

★それに対する考えなど。

流れ的にそうなるとしか。登場人物全員が不死身だと、名前を書いてるだけで話が終わってしまう。

★恋愛は書きますか?

書いてます。多分。


●創作の仕方について


★小説の書き方を教えてください。 例:登場人物を決める、プロットを組む、書きたいシーンから書くなど自由に

ラストシーンがまずできます。クライマックスがおおまかにイメージされます。そこから世界を構築して、細かいところを考えて、出だしを書き始めます。同時進行で、起承転結の目安みたいなメモや、登場人物の名前と特徴表を作成してゆきます。

★一話の所要時間は? 最短・最長なども踏まえて。

私の場合、一話は一万字ぐらいなので。書いて推敲して……一週間ぐらいかな。

★書いていて楽しいシーンを教えてください。

登場人物がヨタ話をしている場面。

★タイトルはいつ決めますか? また、タイトルへのこだわりは?

タイトルは、ある程度書いてからとか。最後になる事が多いです。こだわりは特にありません。

★物語の始め方。プロローグをつけますか?

長編の場合は、つける事が多いです。

★起承転結は意識してますか?

しています。ラストシーンから考えるので。

★会話文と地の文、書きやすいものは?

地の文、かな。会話文は、特徴を出す為に、推敲する事が多いので。

★中心人物を決め、その視点でストーリーを進めますか?それともバラバラ?

質問の意図が良くわからないのですが……視点バラバラな物語?
一人称の場合は、主人公視点になります。三人称の場合、主人公や、その身近な登場人物の心理や視点が中心になります。二人称小説はまだ、書いた事がありません。

★他に気をつけていることはありますか?

度量衡や暦など、現代の私たちが当たり前に使っているものは、別の世界では当たり前ではないので、その辺り気をつけています。メートル法は普通、自然発生しないから……。

★創作の上で最も苦労するところは?

度量衡ですかね……。でも必死になって設定しても、本文中一行とか二行なんですよね。

★自分の文章はどんな文章だと思いますか?(長所と短所も織り交ぜて)あくまで自己評価。

普通?

★どんな文章が書きたいですか?

考えている事が伝わる文章。

★他人から言われた評価で印象に残っているものがあれば。

泣いてしまいました、というのが。えっ、そんなにのめりこんで読んでくれたんだと思って、驚きました。うれしいのと、ああ、読んだ人に影響出してるんだなと思って、身の引き締まる思いをしたのとを覚えています。

★お気に入りのBGMはありますか?

シークレット・ガーデン。ほどよく頭が夢の中状態になるので、執筆中によくかけます。

★ズバリ、あなたにとって読書・執筆とはなんですか?

読書は旅に出る事。執筆も同じです。


☆★☆


こんな所かなあ。結構、面白かったです。

灯月さん、書いたよ~(^O^)/
web拍手 by FC2

「ラルフがサワヤカだけど×××……、三文字?」
「三文字入るってことは、どえむ?」
「あ、だったら、どえすも入るね」
「サワヤカにどえす。……意外性がないよ、それ」
「え~? じゃあ、三文字だし……汗臭い、とか?」
「なに? 足臭い!?」
「え? だったら水虫?」
「サワヤカに水虫」
「いや~! それ何かイヤ~!」
「あはははは!」

……聞いてる私の方が嫌なんだが。水虫って二文字じゃん。

サワヤカにどエムでどエスで、汗臭くて足臭くて水虫なキャラクターってどんなんですか。どうやってもシリアスな作品にならんぞ、それ。

あ、でも……(妙な方向に思考が向いた)……うん。

水虫に憑依する魔物っていうのもアリかな!?(←うわすごいイヤ) 退治しても退治しても夏になるとひょっこり顔を出す……やめるんだ私! ダメだ! 書きたくなったらどうするんだ本編シリアスなのにっっ!!


☆★☆


味噌ガーナです。

いきなりですが、「青春の味」認定されました。主に私と、某サイト運営者の間で。

ネットをうろうろしていたら、拾い読みした小説が面白かったので、コメント送ってたんですが。BL系のサイトで、ギャグを書いておられます。

日記を見たら、仕事上の人間関係で悩んでいるような事が書いてありました。なので、励ましのコメントも送っておきました。何だか喜んでもらえたようです。

それがどう曲がったのか間違えたのかストレートに取っていただけたのか、

味噌ガーナは青春。

……という認識になっていました。あれ? 

まあ、あれです。未知の世界に踏み出す勇気はいつでもちょっぴり必要です。涙をこらえるピリ辛さと、後からがつんとくるどろ甘さは、どこかほのかに懐かしい、青春のメモリーに似ている。

かもしれません。

うん。まあ。青春。味噌ガーナで青春。手と手を取り合って、あれが輝く一番星。ああ涙で前が見えない。

そういう訳で、書きましたよ、ゆっきゅんさん。

キリ番リク小説よろしく!(^O^)/ 味噌ガーナを食べる勇者一行にどんな惨事が起きるのか、楽しみにしています(^^)
web拍手 by FC2

10.魔物 3
10.魔物 4
11.緑の丘 1
11.緑の丘 2

Upしました。

終わった~……。

ラルフの×××、お分かりになったでしょうか。

正解は『腹黒い』。でした。サワヤカに腹黒い。マザコンとかシスコンでも構いません。

でも、どえむとか、水虫とかではありませんので(なぜ水虫)。

ちなみにこの後、『剣の院』では、「閃光のラルフが壊れた」というウワサが流れます。グレイはストレス溜めこみながら、このウワサに涙します。後日談。

一日遅れでしたが、ハッピーバレンタイン!(^^)


精霊の騎士10.魔物 3

精霊の騎士11.緑の丘 1
web拍手 by FC2

昨日帰ったのが結局、遅くて。疲れて横になったらそのまま寝てしまい。起きたら明かりをつけたまま、4時でした。

ん。

今日は休みだから、書く。

朝食はショウガのジャム入りルフナ紅茶。

なろうの活動報告をチェック。あ、コメント入ってる。灯月さんからだ〜返信書いておこう。

消えたデータの掘り起こしに、当時の古い記憶媒体をひっくり返す。書きかけて放置したメモ書き等が、『はぎれ』とか『メモ』とかのタイトルで残っているはず。

あった。

消失した部分のではないが、設定段階で捨てたアイディアとか入ってる。目を通し、当時の自分の思考を再現する。考えた道筋を見つけて歩いてみる。

……。

時間旅行のようだ。

こんな機会でもなければやらないな、と思いつつ。思考を整理。さて。

書く。

web拍手 by FC2

ハッピーバレンタイン☆

移動中にケータイからこれ書いてます。精霊の騎士、途中データが消えていて、復旧作業中。私の管理が悪いんですが。

残っているのが私の頭の中だけ。な状態なので、……今日、帰ったら、復旧に戻ります。改稿? になるのか?

ラストは残ってるんで、途中の部分だけ。

上げるの、夜中になりそうです。


☆★☆


味噌ガーナ。

コンビニのサンクスで売ってた、味噌ラーメンにガーナチョコレートをプラスしてみました、という、誰だこれ考えたのある意味スゲエという、インスタント食品です。

プレゼントされました。

バレンタインの贈り物として。

……私、愛されてるんでしょうか。嫌われてませんかひそかに。

いろいろとインパクトのある食品でした。カップめん系の、お湯を注いで〜のインスタントなのに、やたら麺が高級指向。湯を注いで5分と書いてある。普通三分なのに。

そしてついているガーナチョコレート。ガーナだ。ガーナだよ。

具の中にも砕いたガーナチョコレートが入っ……カカオのかほりが。

気を取り直して作り方を読む。麺と具をカップに入れて湯を注いで。ふたをして、


ふたの上にチョコレートと味噌の袋を置く。


……熱で温めて柔らかくしておくらしい。

5分たったら、味噌と柔らかくなったチョコレートを、砕いて混ぜる
……食べて大丈夫なのか、これ。

完成したラーメンを眺めて、しばし思索にふける。

逃避とも言う。

あーでも感想言わないとなくれた人に食べないと言えないよなあの夏の日が懐かしいよパトラッシュきれえだねえ(←意味不明)

意を決して食べる。

……意外と普通の味だった。

ぴり辛味噌がコシのある麺にからんで美味しい。イケるじゃないか!

……と、思った途端、鼻孔に忍びこむカカオの香り。

…………。

気にするな私。味に集中だ。味は良い。美味い。香りに気を取られる前に食べきってしまえ! 

しかし。更なる罠が待ち受けていたのでございます。

麺を食べ尽くし、やり遂げた笑顔になった私は、カップに残っているスープをすすりました。その瞬間。


溶けたチョコレートがまともにどろっと口の中に!!!!!!




ぐは。

ぴり辛どろ甘。あなどりがたし、味噌ガーナ。最後にガツンとやられた。ふっ……負けたぜ涙で前が見えない誰だコレ考えた奴はあああ!

隠し味に使うぐらいなら問題ないんだよ、チョコレート。カレーに入れたりするしさ。

でもこれ…これは…どろっとしたチョコレートがラーメン…ラーメンの中、に………。


☆★☆


未知の世界でございました。

とりあえず、どなたさまもハッピーバレンタイン。愛と感謝の日をお過ごし下さい(^O^)/

web拍手 by FC2

▼続きを読む▼

10.魔物 2

Upしました。

書いたはずの部分がなぜか、十数ページ消滅していました。現在、カケラがどこかに残っていないかと捜索中。

書きかけの部分とか、メモ書きのデータとか、……どこかに何か残ってるんじゃないかなーと……残ってて下さいオネガイ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

この顔文字じゃ違うか! この心をどう表現すれば! これか(>_<)

それともこれか(*_*;

これですか! (T_T)

あうあうあう(^O^)/

というわけでプチ混乱中。ど~こいった~~~~! \(◎o◎)/!


精霊の騎士10.魔物 2
web拍手 by FC2

二月と言うと、バレンタイン。ヨーロッパでは、小鳥が結婚相手を探し始める時期なんだそうです。

ゆずはらは少しばかり、現代日本の感覚からズレてます。最近自覚しました。

バレンタインって、男性から女性に花やチョコレートを贈るのが、普通だと思っていましたよ。無意識に。

いや、コマーシャルとか、デパートのワゴンとか、見てはいたんですよ。チョコレート買うのに一生懸命なお嬢さんがたの姿も見てたんですよ。

でもなんか基本的に、男性が女性に贈る日って意識があって。うーんんん……。

歴史見たら、男性 → 女性が普通なんですね。元々は。女性は父親の所有、財産は男性が継ぐ、女性には何もなし、な時代が長かったから。

女性が何か贈ろうにも、自由にできる財産がない。布地一枚でも、基本的に父親の物なので。そうなると、お金持ってる方から持ってない方に、贈り物が流れます。普通はそうです。礼儀とかも発達します。父親に、娘と付き合う許可をもらわないと、男性は贈り物ができなくなっていきます。…まあ、それはさておき。

自然発生する場合、贈り物は、男性 → 女性の図式が自然なんですね。歴史考えると。

財産権が女性にあって、男性は家の中だけにいて、…みたいな社会だと、女性 → 男性が普通に自然発生するとは思いますが。(そういう話も書いてみたいなあ)

現代でも世界各地のバレンタインの祝い方見ると、男性 → 女性が多い。それか、お互いに贈り物をするか。気をつけて欲しいのは、『恋人の日』じゃなくて『愛の日』という認識がある点です。

違うんですよ。

恋人ももちろん含みますが。愛の日。だから、何十年も連れ添った老夫婦が、頬をピンクに染めながら、晴れ着を着て食事に行く日なんです。旦那さんが張り切って、奥さんに小さなサプライズをしてあげようと、花束をこっそり、ウェイターさんに頼んでたり、レストランの従業員が即席のコーラス部員になって、奥さんの好きな歌を歌ったりする日(旦那さんのリサーチが重要)。

この場合も、男性 → 女性が甲斐性だ、みたいな意識はありますね。あちらの方は。

女性から男性に贈る、とするのは日本と韓国だけです。実は。韓国の場合は、日本の習慣が伝わった部分が大きい。


さて。男性と女性には違いがいろいろありますが。
贈り物をする日、みたいな記念日的なものは、男性は普通、苦手です。すぐ忘れる。

でもバレンタインは続いてる。日本は置いといて、世界各地で、男性→女性に花束持ってく日、と認識され続けています。

なぜか。

理由はいろいろありますが、男性が女性ほど、記念日に重きを置いてないから、が最大の理由じゃないかという気がします。奥さんの誕生日や結婚記念日を覚えている男性は、…あんまりいない。

でも女性の方は、長く続く人生の節目として、何かして欲しい。

でも忘れる。男は忘れる。で、家庭内がビミョーに険悪に(笑)。これはいかん! じゃあ、愛の日に! バレンタインだったら覚えてるよ、毎年あるし!

…で、奥さんと映画に行ったり、コンサートにエスコートしたりして、ちょっと良い雰囲気のレストラン予約して、…といろいろ準備して。二人でお祝いみたいにするわけです。

奥さんの誕生日が覚えられないから!(笑)

良い習慣じゃないかと思います。

理由はともかく。家庭内が平和になるし。

女性の側も、『あら、愛の日に食事に連れて行ってくれるなんて…素敵』となります。

双方、幸せです。

そういう訳でゆずはらは、

『バレンタインには男性から女性に贈り物をするべきだ』と主張します。……あれ、これ、何の雑文?

え〜……結婚している人も、バレンタインには奥さんに贈り物を堂々として下さい。花一輪で良いのです。あなたに感謝している、あなたの事を忘れていない、という明確なメッセージになります。

家庭内が平和になります!

web拍手 by FC2

10.魔物 1

Upしました。

ちょっと訂正入れないといけない所が出てきたので、修正中です。次の更新は、火曜日以降になります。


精霊の騎士 10.魔物 1
web拍手 by FC2

9.闇に潜むもの 1
9.闇に潜むもの 2

Upしました。

眠い。ひたすら眠い。

ここまで来ると、グレイに好意を持ってくれる人も出てくるのでは。こういう人です。

サラが好きだと感想をもらいました。今回もサラはある意味、目立ってます(笑)。顔立ちが美しい訳でもなく、女らしいしぐさが身についているわけでもない。けれど、内面の強さとしなやかさが印象的な女性、として設定しました。フツーの男では、まず相手になりません。

ラルフは……どうでしょう。実はこの人は、×××、として設定しています。さわやかなんだけど、×××。この×××の所はそれぞれ、お好きにご想像下さい。最後まで読んだ男子高校生は二人とも、ビミョーな顔をしていました。

精霊の騎士9.闇に潜むもの 1
web拍手 by FC2

8.密やかな悪意 1
8.密やかな悪意 2

Upしました。

更新は昨夜八時ごろでしたが。今朝アクセスを確認したら、夜中の十二時から三時までのアクセス数が四十人。

増えてるよ。

夜更かししてる人が。二倍になってるよ。

体に悪いってば……(*_*; いやこの場合、責められるは私か? 朝や昼に更新した方が良かったのか?

ケータイで読むには読みにくい作品だしなあ、とか思いつつ。今夜もちょっとだけ更新する予定。私の体力がもてば、ですが。

バレンタインまでには、全部上げてしまうつもりです。ラストの後書きに、「ハッピーバレンタイン」と書きたいなあ、というのが今のところ、私の野望。この作品でバレンタインって、血なまぐさすぎる気もしますが。

話は変わって、妹と話をしていたら、中世ヨーロッパのバレンタインケーキについて、少し話題になりました。

シードケーキ、というのを食べていたらしいです。チョコレートがまだない時代。

フェンネルや、キャラウェイといった、種を使うたぐいのハーブを、ケーキに入れて焼いたもの。あれは確かに、甘みを感じるハーブだけど……癖のある香りもついてくるし。独特だったろうなあ。

古い小説を読んでると、イギリス辺りでは、六十年代? ぐらいまで、シードケーキを出す店があったみたいだよ、との事でした。ただし、インスタントの、香料入ってるたぐいの「ニセモノ」が出回っていたようです。彼女が読んだ小説の中で、ヒロインが、「この辺りには、本物のシードケーキを出す店はないの?」と怒っていたらしいので。

「本物のシードケーキは手間がかかるから」

材料、レシピを見せてくれました。大変そうでした。

「現代の感覚からすると、甘すぎると思う」

甘みの少なかった時代、たまに食べる甘いものは、とことん甘く作ったんでしょうね。


精霊の騎士8.密やかな悪意1
web拍手 by FC2

昨夜から今朝にかけて、雪が降り続けでした。

夜中、どしん、どしんと音がする。

屋根に積もった雪が、滑り落ちて地面に落下する音です。ある程度積もると、重みから屋根を滑り落ちてゆくのですが。この音が、響く。

大気は、冷えるのと、湿気? とで、ずしりとしています。

どしん。ずしり。

どしん。ずしり。

眠れない。肩こりが悪化する。

別に神経質という訳ではないのですが……でも、眠ろうとした瞬間に、どしん! とやられると、目が覚めてしまうと言うか。早めに寝とけば良かった。

植木鉢は全部、雪が降り出した時に軒下に避難させてたので、割れた物はないと思う。


☆★☆


朝。一面の雪景色。

「まっしろ……」

サザンカの赤が、雪の中に映える。

赤い梅が咲いてたら、綺麗だろうになあ。とか思いつつ、周囲を見やる。車、出せるのか、コレ。


がりがりがりがり。


チェーンを巻いたタイヤの音。バスが雪道を走っている。

「お茶、いれよ」

とりあえず。

そういう訳で(どういう訳)、今朝のお茶は「エバーグリーン」でした。ヒマラヤの緑茶です。少し低い温度で淹れると甘みが出ます。微妙にダージリンぽい、でも甘みのある緑茶。寒いので、ポットを温めておいてもすぐに冷えてしまうのではと思い、低い温度で淹れるお茶にしました。

低いと言っても、八十度ぐらいです。煎茶と同じぐらい。温まるのには、充分。


web拍手 by FC2

5.夕闇の刻 1
5.夕闇の刻 2
6.夜 1
6.夜 2
7.影と鏡 1
7.影と鏡 2
7.影と鏡 3

Upしました。

7章、夜中の一時に更新したのですが。見たら、もう二十二名の方がアクセスしていました。

ありがたいんですが、寝て下さいm(__)m。明日にひびきますよ、みなさん……(*_*;

私も、明日の仕事に影響しそうなので、今日はここまでにします。


精霊の騎士5.夕闇の刻1

精霊の騎士6.夜1

精霊の騎士7.影と鏡1




web拍手 by FC2

アクセス数を確認していると、

新しい更新や、新作を上げた時、最初の一日にあるユニークアクセスが、大体八十前後。

時間帯により、ケータイでのアクセスが多い時、パソコンでのアクセスが多い時、ありますが。大体、最初の一日に、八十人ぐらいの方が、アクセスをしています。

今回、精霊の騎士を上げた時、午前の更新で八十三から六人、夜の更新で、12時までに八十人弱

次の日の朝に確認すると、夜中に十二、三人アクセスがありました。(夜中に増えたアクセス見た時は、大丈夫なのか、と思いましたが……寝不足で体壊さないように! 睡眠、しっかり取って下さいね)

平均して八十六人ぐらいの方が、最新作品、精霊の騎士を読んで下さってます。妖精たちの…を更新した時は、七十人強のアクセスが最初の一日にありました。たまたま読んだという方もいらっしゃると思うので、ゆずはらの作品、気に入って読んでるよ〜、という方が、今、大体八十人ぐらい? いらっしゃるのだと思います。

ありがとうございます(^O^)/

アクセス数を細かに表示してくれる、『なろう』のシステムにも感謝です。こういう事が何となくわかるのも、ヒナプロジェクトの方々の、地道な努力があるおかげです。

読んでくれている八十人の方々と、ヒナプロジェクトの方々に、ありがとう。

とりあえず、手を振ります。わーいわーい(^O^)/。振ってます。見えなくても振ってます、ゆずはら。

さて、残りの一日がんばろう♪

web拍手 by FC2

ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。