2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

拍手お礼文を変更しました。今回は、紅茶のお店の話。ちゃんと表示されてるかな。


* * *


五次元世界のぼうけん。

という、児童文学があります。

作者はマドレイン・ラングル。レングルとも。


異次元からやって来た男たちに、弟を誘拐された女の子が、取り返しに異次元世界へ行く話です。

子供のころ読んだのですが、衝撃を受けました。


主人公が、『良い子』じゃないんですよ!


彼女は意地っ張りで、悪いことをしても、素直にごめんなさいが言えない。

そんな自分が、いやでたまらない。

なのに、魔女に力を借りに行ったら、こう言われます。

「向こうの世界まで、私の守りは届かない。お前は自分一人だけの力で、弟を助けねばならない。

けれど、お前一人だけでは、負けるだろう。

だから、私にできることをしてあげよう。



お前の欠点を、強くする」



主人公、愕然。

なんでだ〜、いやだ〜、と叫ぶもダメで、欠点を強くされてしまう。

で、異次元世界に行く……が。えらいイジメやら脅迫やらされまくる。

「お前にはなんの力もない。お前には何もできない。

お前の弟は望まれてここにいる。

お前はこの世界の者を全員、不幸にするつもりか。そんなことが許されると思うのか。

あきらめて、一人で帰れ」

悩むし、揺らぎます。

しかし。主人公は、欠点を強くされていたのでした。


意地っ張りがグレードアップ。


意地っ張りなんてレベルじゃありません。



頑固一徹、初志貫徹。徹頭徹尾、折れない、負けない、譲らない、引き下がらない。


「嫌だ!」


誰になに言われても、そう言い続けます。


「嫌だ! あきらめない」


「私は絶対に、弟を連れて帰る!」



彼女はひたすら、ひたすら、ひたすらそう言い続けるのでした。


最終的に主人公は弟を見つけだし、二人は家に帰ります。


読み終えた小学五年か、六年生だった私は、


「えらいものを読んでしまった……」


と思いました。すごいよコレ。と。



日本人が書いたなら、主人公は大人の言うことをよく聞く、素直な良い子だったでしょう。

しかし……、それではこの物語の深みもメッセージ性も、何もない。薄っぺらい作品になっていたでしょう。

作中、主人公は異次元世界をさまよいますが、

中には平和と平等を主張するために、全ての人間が同じ歩幅で歩き、同じタイミングでしゃべり、

まばたきの回数まで全く同じでなければならない、という世界がありました。

タイミングをずらしてしまった子供が、みんなと同じタイミングで動けるようになるまで、

矯正部屋で拷問まがいの訓練をされる描写があって、

現代日本のイジメ問題に似ているなと。

その時は、はっきりそう考えたわけではなかったのですが。



違いを認めない、同じでなければ許さない、という雰囲気は、

どこの集団、グループでも、起きてくる。

仲が良い集団ほど、どうかすると起こりやすい。



その結果、本来なら、認め合い、支え合うはずの仲間が、

監視しあい、潰しあうグループになってしまう……。



何が問題なのだろう。

どこから、おかしくなってゆくのだろう。

そういうことを、漠然と考えました。



欠点は、育てれば、長所に変わる。

しかし、育てるためには、しっかりと自分の欠点に向き合わねばならない。



私はこの児童文学から、そのことを教えられました。


空気読まなくても、自分勝手だと非難されても、

「嫌だ!」と言わねばならない時には、言い続けなければならないのだ、とも。


子供に対して、全く手を抜かない作者だったのだなあと、今なら思います。

主張も何もかも、厳しい。物凄い。




この作品、長らく絶版でした。

しかし、復刊ドットコムに、復刊して〜の依頼を出していたところ、


『復刊に向けての検討に入りました』


とメールが。


おおおおお!

やった〜、きゃっほ〜、と小躍りしてしまいました。

まだ早いんですけどね! 確実に復刊するかどうか、まだわからないんですけどね!


でも今は、素直に喜びたい。


小学生だけでなく、中学生、高校生にも読んで欲しい本です。

ありがとう、復刊ドットコム。がんばってくれ、復刊ドットコム。

復刊したら買う。高くても買う。

だからお願い復刊して〜! と、願う今日このごろです。




ちなみに中身が吹っ飛んだあと、フリーズしまくりだったうちのパソコンは、

やっと正常になりました……まだちょっと怖いけど(--;)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。