2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

機会があって、オペラ「カルメン」を観た。

ビゼーの作品。初演はえらい叩かれたらしい。

有名な曲がいくつもあって、「ああ、これ知ってる」となるが、実際に一から観たことはなかった。

で、観てきたのだが……。

以下、あらすじ。



カルメンは自由奔放な、ジプシーの血を引く女性。タバコ工場の女工をしている。

タバコ工場の女工たちというのは、町の男たちから、「色っぽい」と言われている。なんというか、そういう目で見られやすい立場なのだ。

そんな中、カルメンは、誰にもなびかない。男たちの手をするりとすり抜け、「あんたのこと? 好きになるのは明日かしら? でも今じゃないわね」と笑いながら通り過ぎる。

そんなカルメンは、立場の弱いらしい女工たちから、したわれてもいるようだ。

ある日、町の兵隊たちに人員の補充があり、伍長のドン・ホセがやってきた。

彼は真面目で、任務以外のことに目を向けたことのないような堅物(かたぶつ)男。

そんな彼とカルメンが出会う。

色っぽい彼女にどっきりするものの、慌てて目をそらす。

肌もあらわで色っぽい彼女は、彼にとって、魔物のように見えたのかもしれない。俺には婚約者がいると自分に言い聞かせながら(ミカエラという娘さん。しとやかで清純)。

カルメンも特に、彼に興味を持たなかった……が。

運命の転換。カルメンが仲間の女工と喧嘩をしたあげく、刃傷沙汰を起こす。刃物で相手の顔を切ってしまう。

逮捕された彼女は、逃げようとして、ドン・ホセに色仕掛け。逃がしてくれるなら、恋人になるとささやく。

ドン・ホセ、あっさり陥落(かわいい婚約者いるはずだろ、おまえ……)。

カルメンは逃げ、ドン・ホセはつかまって営巣入り。

まあ……、男とは、こういうものかもしれん。とも思った。真面目な人ほどね。うっかり馬鹿なことやっちゃうんだよね。悲しいよね……。



営巣から出たドン・ホセは、カルメンを追い求め、どんどん悪の道へ。盗賊にまで身を落としてしまう。

カルメンは適当にあしらいながら、ドン・ホセを翻弄しまくる。

そこへ現れたエスカミーリオ。闘牛士の青年。

若く、美しく、正義感あふれ、情熱的な彼にカルメンは、あっさり恋に落ちて、ドン・ホセを振ってしまう。

彼の立場って……(*_*; 


ドン・ホセは、嫉妬丸出しでエスカミーリオと決闘したりするが、彼を追ってきたミカエラに涙ながらに説得されて、町に戻る。




で、ラスト。闘牛場で、エスカミーリオが戦う日。

カルメンは彼を応援しにやってくる。

ドン・ホセは、カルメンにすがりついて、捨てないでくれと懇願。でも、

思いっきりフラレる。

カルメン容赦ない。

ドン・ホセ、絶望。やがて絶望は突き抜けてしまい、怒りへ。

彼はカルメンをナイフで殺してしまう。そうして死んだ彼女を抱きしめて、慟哭する。

背後では、牛と戦うエスカミーリオをたたえる、人々の歓声。


……と、いう話でした。

観て思ったのは、

「オペラ座の怪人って、これが元ネタだったのかなあ」

でした。

いや、まあ。うん。三角関係って、永遠のテーマだね。カルメンは三角じゃなく四角だったけどね。ミカエラ気の毒すぎ(^_^;)

男の目から見たら、悪女というのは、こういう風に見えてしまうのかな、とか。

カルメンの育った環境は、どうだったのかなとか。

子供のころから、ジプシーの子と言われて、差別されて育ったら、どこかひねくれずにはいられないだろうな、とか。

女工たちに慕われているのは、彼女なりに、親切にしてくれた人には親切を返す、みたいなことやってたんじゃないか、とか。

実のところ、エスカミーリオもそんなに好きなわけじゃなかったのかな、とか。



考えてしまいましたよ。



良く考えたら、カルメン、確かに奔放、本能で生きてます、な女性なんだけど、

案外普通じゃないか、と思いました。

こういう人、程度はそりゃ違うけど、わりと良くいるのじゃないか、と。

また、一本筋の通った女性でもありました。世間の言う善悪は関係ない。自分に親切にしてくれた人には、自分なりの親切で返す。

だから、盗賊に手を貸したりもする。自分をかくまってくれたから。



彼女の歌う、「自由! あたしは自由がほしい。自由でいたいの!」という叫びが、

彼女にとっての真実ではなかったか、とも。

男たちは、どうあっても、彼女を、自分の付属物のようにしか見ない。扱わない。

いくら、美しいと言っても、恋をささやいても。結局、最後はジプシー女とののしって立ち去る。

踏みつけられるのはもう、ごめんだ。彼女の心は、そんなものだったのでは、と。



こういう風に見るのは、間違いかもしれませんが。なんだかいろいろ、考えてしまいました。



エスカミーリオは運が良い男だね、とか(笑)。カルメンと恋人になっても、三日で大ゲンカして、大けがして別れてるよ、彼。幻想が幻想であるうちに、別れられて良かったのかも。いや、悲劇なんだけど。



しかし、

困ったこともありました。

オペラ歌手のかたの解釈とか、いろいろあるんだろうけど、私の観た「カルメン」は、

主役のカルメンが、それほど毒々しくなく、どこかクールな感じだったんですね。

「女」! という感じではなかったんです。

そしたら……、ドン・ホセが。

口説いて、泣いて、すがってまわる、ドン・ホセが。


「どうしよう。ドン・ホセが、乙女に見える……」


ちょびヒゲ生やしたおじさんなのに!

しかもちょっぴり、メタボっぽかったりするのに!(オペラ歌手だから……)


悪い男にだまされた、純情可憐な乙女に見え……げほんごほん。

なぜなんだ、私! と自分で自分にツッコミ入れつつ観てました。いやもう……いやもう。どうしようね。

とりあえず、

面白かったです。カルメン(^_^;)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。