2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ハロウィンが過ぎて、オールハローズデイも過ぎて。

今年は何もしないうちに時が過ぎました。カボチャのタルトを食べた覚えしかない…f^_^;

本来は、カブでランタン作るらしい。カボチャじゃなくて。

ミード(ハチミツ酒)は、手づくりキットがあるみたいです。そのうち挑戦したいな

…。

明るく振る舞ってみました。うん。背中痛いのな。腰も。ハリ治療に行くべきか…

☆★☆

裏話。

『あみだくじGOGO!』

いや、コレ、作品の中で後書き用ページ取ってるし。特に書く事ないんだけど。

あみだくじで、「いつ」「だれが」「どこで」を決めて話を作る、自分企画。

…一回目にいきなり「スライム」に当たって、ものすごい壁を感じたと言うか運命を感じたと言うか…。

スライムでどうやって話を作れっちゅうねん。

作ったけど!

「冬の朝 階段で 女とスライムが」

結局、天使に見守られ(←)たスライムが、進化する話になりました。参考の為に図書館まで、生物の進化の図鑑を借りに行きました。


二回目に当たったのは「ロボット」でした。

「春の夜 庭で 少女とロボットが」

書いてたら長くなりました。少女とロボット。そのままだと面白くないので、中身の設定を逆転させてみました。アンデルセンの「人魚姫」を久々に読み返しました。

ちょうど、小説喫茶企画で「変幻の瞳」を書き終えた辺り? あの作品に引きずられたかもです。

そうして書き上げた後、やはり小説喫茶企画の「彼方に見えるものは星」に影響しました。人魚つながりという事で。


三話目。当たったのは「王子」。

遠い目になりました。他の項目は「男」「女」「青年」「娘」「少年」「少女」「教師」「生徒」。

なぜいつも、一番変なのに当たるんだ!

神様! これ何かの試練ですか!


叫びつつ書きました、

「初夏の昼 学校で 少年と王子が」

ギャグになりました。シリアスはどう考えても無理でした。

王子様、カエルだし。

ちなみに主人公の壮太くん、モデルは三人いまして。一人は昔、近所にいた小学生。今は高校生になって無口になりましたが、昔は天真爛漫なカンジの男の子でした。

二人目は今、小学五年生で、包丁さばきが素晴らしいお兄ちゃん。妹が二人いて、そのせいか、さりげなく人を気遣える。バテてた時に気遣ってくれました。ありがとう。

三人目は四年生の男の子で、一人っ子なのですが、母親を気遣う少年で。ついでなのか、私も気遣ってくれました。

君たちの親切が身に染みるよ…。


そういう作品です(←どんな)。

興味がおありの方は読んでみてね。

感想もらえると、うれしいです。

☆★☆

『あみだくじ GOGO!』

第一話 進化の階梯(かいてい)
※「冬の朝 階段で 女とスライムが」

第二話 夜明けを待つ君のために
※「春の夜 庭で 少女とロボットが」

第三話 王子さまがいっぱい
※「初夏の昼 学校で 少年と王子が」



あみだくじGoGo! ←小説家になろうの作品ページに飛びます。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。