2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

変換ミスや、勘違いによる言葉の間違いは、予期せぬ時に目に飛び込んでくると、いろいろ衝撃です。

反応はだいたい、笑ってしまうのですが。


例1 『君に故意する。』


何を。


故意に何するんだ。まさか犯罪じゃないよな、と、脱力しながらツッコミ入れてしまいました。

いや、しんみりした歌の歌詞だったんですけどね。

ドイツの人が日本のアニメの歌を、頑張ってドイツ語訳していました。

カラオケのように、歌の歌詞を日本語で表記していた中にあった一言。なにか、いろいろ惜しい感じです。


例2 『技(わざ)と遠回り』


……遠回りするのに、技術が必要なのか……どんな世界。

同じ歌の歌詞の変換ミス。がんばれ、ドイツの人。


例3 『セミがわなないていた』


書いたのは日本人。わななく、は、漢字で書くと、戦慄く。

ぶるぶる奮えている様子なのだが、

どうやら、じーわじーわと、うるさく鳴いている様子を表す言葉だと勘違いしたらしい。

とりあえず、意味を知っていた私は、この一文を見た瞬間、


木の上で一斉にガクブルしているセミの群れ。


を、連想してしまった。……ちょっと面白い。


例4 『その党利』


変換ミス。普通の会話が突然、政治モノに。

正確には、『その通り』


例5 『永遠と続く』



多分、勘違い。とあるネット小説の中で、何回か出てきたが、全て『永遠と続く』という表現だった。

正解は『延々(えんえん)と続く』。ず〜っと続く、という意味なのだが、永遠では長すぎる。




『的(まと)を射(い)る』と、『当(とう)を得(え)る』の勘違いとか、わりとありますが……

当たりは、もらうとうれしいけれど(当を得る)、的(まと)はもらってもなあ(的を得る←間違い)。

穴のあいた板もらっても、困るだけのような。とりあえず、的は射ておこうよf^_^;



変換ミスは気をつけていますが、私もよくやります。

見つけたら、ひっそり直しますので、誤字あるよ〜の報告をよろしくお願いします(^O^)



最後に、個人的にヒットだった誤変換……と言うか、間違い。


例6 『異世界のトリップ』

『異世界をトリップ』



『の』や『を』を入れちゃったんですね。

でもこれだと、人間じゃなく、異世界がまるごと別の世界にトリップすることに(笑)


世界まるごとトリップ。壮大な話です。ちょっと読みたい(笑)

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。