2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

「茶渋と格闘してます」と書いたら、ちーさんという方から、


「入れ歯の洗浄剤使うと、茶渋取れますよ~」



というメールをもらいました。ちーさんありがとう\(^o^)/

今度試してみます、が。わたしの茶こしに有効かどうかは、まだちょっとわかりません。

一応、調べてみましたが、入れ歯洗浄剤は、陶器にはかなり有効みたいなんですが、

わたしの使っている茶こしには……どうなのかなあ、と。



説明しますと、ゆずはらの茶こし、ものすんごく目が細かいんです。

紅茶の茶葉には、ダストと呼ばれる等級のものがあります。これは、茶葉を蒸したり切ったりしている時にできる、粉状のものなんですが。

ティーバッグに良く使われます。粉なので、成分の抽出が早いのです。

その分、劣化も早い。ダストと言うと、上等ではないお茶、みたいに思われる方も多いです。

しかし、ダストとは言え、良い茶葉から出るダストは、味も香りもよいものです。そういうのをわざわざ買い付けるバイヤーもいる。

そういうわけで、ダストでお茶をいれて飲む人もいるわけです。

その時の問題は、


「粉状なので、茶こしをすり抜けてしまい、ポットから注いだ時に、カップに茶がらがどっと出てしまう」

というもの。

だからティーバッグにされるんですが……、

ゆずはらの茶こしは、そのダストの粉が、カップに落ちないものです。

それだけ目が細かい。

しかも網の部分が二重になっている。

そういう茶こしだもので、



ひとたび茶渋がこびりつくと、網目に阻まれて、外に出ていかない。ひたすらこびりつき続ける。


という事態になります。つまり、洗った場合、



お湯や洗浄剤で茶渋がゆるみ、一度剥離する。

しかし網目を通り抜けることができず、再び網の内側に逆流。

どこかにくっついて乾く。




……という事に。

つまり、二重になった網と網の内側、重なっている間の部分に茶渋が残ってしまうという。



このたぐいの茶こしを使っていて、どうしたら汚れが落ちるのか、困っている人もおられるようですが、

メーカーさんは、網の部分を外して、高速の水流をぶつけて洗浄、みたいな事やっているようです(-_-;)

それだと一般家庭の人、できないじゃん。

と、いうわけで、わたしは最終的に、


「オリーブオイルの油の粒子で汚れを包み、無理やり押し出す」


方法を取りました。

網の目は細かいですが、茶こしですから。穴は空いているわけで、油は通します。

だから、油を塗って、馴染ませて。そのあと、拭き取ることで、汚れを「押し出す」、

さらに洗剤の泡で洗うことで、「油ごと押し出す」、

……と、した訳です。


台所にある材料で! という訳です。時間と手間はかかりましたが、かなりきれいになりました!

ちなみにこう説明しましたが、やった時にはこんなに理性的に考えていた訳ではなく、


「油で浮かせて押し出したらあああああ!」


……な、感じでした。


そして、今日の豆知識。


ポットや急須の注ぎ口の茶渋は、アクリル毛糸を一本の鎖編みにして通し、上下にこすったら取れる。

アクリル毛糸で編んだたわしは、水やお湯だけで、茶渋を良く落とします。それの応用。先の部分に爪楊枝とかを、糸で結んでおくと、注ぎ口に通しやすい。

お湯で茶渋をゆるませながらやってみてください。

注ぎ口の汚れが取れないよ~、という人、試してね。……なんかだんだん、おばあちゃんの知恵袋みたいになってきたなあ。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。