2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

うえふ。

キャベツのスープの味付けに失敗しました。や、ザワークラウトと塩漬けの骨付き肉とネズの実(ジュニパーベリー)で味付けした、ドイツのスープをね? 再現しようとしたら、わたし、熱があったらしく。

なにかこう、やらかしました。みたいな物体に成り果てたよ……。

熱のある時に、何か新しい発想で料理しよう! なんて考えたらイカンね……。いつもどおりの、ぼーっとしていても出来上がる料理だけ作ってりゃ~、こんなことには。

こんなことには。

どうしよう、この怪しいスープ……。さすがに父親に食べさせるのは気の毒だったので、父には焼きそば作りました。が。……一人で食べ続けるのか、これ……。


* * *


ネヘミヤです。

時間あいてしまいました。2です。

と言っても、実際に中学生を相手にして話をした時も、その前のエズラ記も合わせて、四回に分けて話していたので、長くなってしまうのは仕方ないのですが。背景となる歴史の説明で、長くなるし。

なお、エズラ記とネヘミヤ記は、重複する部分があるので、もともと一つの文書だったものが、二つに分かれたのではないかと言われています。


* * *


ネヘミヤが、祖国の荒廃ぶりに衝撃を受けたところまで、書きましたが。

ここで歴史の説明を。



ネヘミヤはペルシャの役人でした。彼が仕えたのは、アルタクセルクセス一世(アケメネス朝ペルシャの大王)です。




初代国王 キュロス(在位紀元前559年 - 紀元前529年)
→カンビュセス二世
→スメルディス(前522年、キュロスの息子、カンビュセスの弟)
→ダレイオス一世(紀元前522年 - 紀元前486年)
→クセルクセス一世(紀元前486年 - 紀元前465年)
→アルタクセルクセス一世(前465年-前424年)



初代キュロスから、兄弟で王位をゆずったり、暗殺されたりでいろいろ。六十年ほどで、王さまは6人目になっています。

で、ネヘミヤの二章に、アルタクセルクセス王の二十年目、とあるので、即位してから二十年目。紀元前445年ごろの話らしいとわかります。


ここでちょっとお詫びを。すみません、前回間違えました。エルサレム陥落から六十年、ではなく、陥落の後、解放されてから六十年近く、です。直しました。



バビロニアがペルシャに負けた際、キュロス大王はヘブライの民を解放しています。国に帰って良いと。(ただし、おそらく自由民のみで、奴隷にされた人は含まれなかったのではないかと思われます)

これにより、戻った人たちが、エルサレムの建て直しを始めたわけですが……、


この時代、どこかの国が負ければ、知識層を別の所に連れてゆき、あいた場所に別の民族を移住させる、という政策は、よく取られていました。

エルサレムには、他民族が連れてこられて、住んでいたのです。

そこに戻ってきたヘブライ人。

もめます。

そりゃーもう、もめます。

だって半世紀以上たってるんです。そこで生まれた人にしてみたら、いまさらなんだ。となります。

戻ってきた方からすれば、俺たちの国を好き勝手しやがって! となります。


もめにもめ、争いあい、再建がさっぱり進まない。それでもどうにか神殿は立て直しました。

が、そこからが、また進まなかった。

もめ続けて、町はほったらかし。何かやろうとすれば、足を引っ張る人が出る。お互いに、憎悪を向け合う。またもめる。悪循環です。


律法の書記官、祭司エズラが戻り、どうにかしようとしましたが、ダメ。


そこでネヘミヤに戻るわけですが。彼は、帰国が許されたヘブライの民が、きっと建て直しをしてくれていると思っていたのではないでしょうか。

それが、城壁は壊れたまま、がれきも撤去されず。

帰国の許可が下りてから約六十年。

神殿が壊されてからだと、約百二十年。


なにやってんだ~! となったのも無理はないでしょう。


* * *


ちょっと体力尽きたので、ここまで。あと三回ぐらい書くと思う。ふう。


スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。