2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

最近、カルピス名作劇場を少しずつ見ている。

アルプスの少女ハイジとか。ペリーヌ物語とか。

母が見たがるかと…まあ。

で、ペリーヌ物語をざーっと流し見していて思った。

「あ。これ。あ〜あああ、これか、これだったのか〜!」


意味不明。いや。

ペリーヌ物語は、「家なき子」を書いた作家、エクトール・マロの晩年の作品「アン・ファミーユ」(邦題、「家なき娘」)を原作として、

かなりな付け加えと大胆な解釈で、アレンジされたアニメ。

でも原作の雰囲気が壊れてない、すごい。

という作品。

個人的にも好きな作品でした。

インド系イギリス人の母親と、フランス人の父親の間に生まれた少女ペリーヌが、

両親を亡くした後、祖父を探すが、両親の結婚に反対していた祖父に名乗り出ることができず、偽名を使い、工場で働いて、

ひそかに祖父を案じながら、周囲からの信頼を勝ち得、最後に祖父と和解し、後継ぎになる…という内容。

発表当時、猛反発をくらいました。

工場で働く人々の、環境が劣悪である描写と、

工場主である祖父が、孫と知らないまま、貧しい女工として働いていたペリーヌから、もう少し、彼らの住まいをなんとかしてほしいと懇願され、

きちんとした寮や、保育所などを建設する描写があった為です。

今で言う、労働者の福利厚生みたいなことをやり始めた描写に、

当時、あちこちで工場を経営していた人々が猛反発。使用人が付け上がる、こんな作品出版するなと、ネガティブキャンペーンを繰り広げたという。

しかし現代まで、しっかり生き残りました。名作です。

それはさておき。

下宿の環境があまりにひどくて、ペリーヌが池のほとりの狩猟小屋で生活を始める部分があります。

小屋を掃除して、シダを床にしき、アシで靴を編み、

布地を買ってきて服を作り、

空き缶で鍋を、小枝を削ってスプーンやフォークを作成し、

スグリの実をつんでジャムを作り、魚を釣って料理をする。

それを見ていて、「ああ〜…!」と。

いわゆる森の中の魔女ライフ。なんですが。

「あれか。

永き夜の大陸のユーラの生活、

これから来てたのか〜!」


このイメージ。あ〜これだったんだ〜とひとりでワタワタしていました。おそるべし、子供のころに強烈な印象もらった名作。

なんかこう、自分の原点を見た気がした。ありがとう、エクトール・マロ。ありがとう、日本アニメーションと当時のアニメーターの皆さん。

私の作品とは、内容、全然違うんですがf^_^;

ペリーヌ物語を見ていたから、ユーラの生活のイメージが生まれたのは確かでしょう。

良い物は、時を越えても良いし、多くに影響を与えるものですね〜…。


あ。工場長(←小物の悪役)が変な悪巧みしてる。



スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。