2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ペパーミントのティーバッグで、チャイを作る事があります。

以前、家庭教師(というか、自宅に呼んで教えてた)をしていた生徒が、「牛乳飲めない」と言ったので、ふと思いついて、ペパーミントのティーバッグでチャイを作ってみたのでした。

手鍋に牛乳を入れて温める。ティーバッグの袋を破いて中に入れ、煮る。牛乳がぶわっと膨らむ寸前に火を止めてしばらく置き、茶漉しを使ってマグカップに入れる。少しハチミツも入れました。

牛乳の匂いがミントの香りで消え、ティーバッグの中の粉状ミントがこぼれて入っていて、何やらパチパチするような感触が舌に残る。面白い味になりました。

「これなら飲める!」

生徒が喜んでくれたので、何度か作って出しました。そんなある日。忙しかった私を見た母が、

「今日は私が淹れてあげる」

と言いだしました。大丈夫かなと思いましたが、手順を教え、ティーバッグを渡しておきました。

やがて休憩時間。母が持ってきました。

二人してそれを飲み……。

無言になりました。

香りがない。水っぽい。

何をどうやったらこんな味になるんだ。

言った通りに淹れたのか、と母に尋ねたところ、

「ちゃんとやったわよ。ちょっと簡単にしたけど」

どうやったんだ!

「だって、お鍋使うの面倒だもの。レンジ使ったのよ」

だから、どうやったんだ!

マグカップに牛乳とお湯いれて、レンジでチンしてからティーバッグ入れたのよ。同じ味だったでしょ?」

全然違う!

全然違うから! それ!

水増しした牛乳をレンジで沸騰させた後に、ティーバッグ入れてちょっと揺らして、出来上がり~! としたらしい。香りが出るわけない。水っぽくなるわけだ。

なんか脱力しながら、もう一度手順を教えた。

でも、次もやっぱり、レンジでチンした水っぽいのが出された。

「だって、面倒なんだもの」

頭にきたので、鍋で作って入れたのを飲ませてみた。母は言った。

「やっぱり、同じ味じゃない!」

それ以来、何があってもお茶は私が淹れ、母には一切、手を触れさせないようにした。あり得ないだろう。あれが同じ味だなんて。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。