2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

カナダに行った時に、現地のガイドさんに言われた事があります。

「日本人は、『ありがとう』を言いませんね」

カナダの公用語はフランス語ですが、十年ぐらい前まで英語だったので(移民でできた国なので、公用語が変遷する事もある)、英語は良く使われています。店に入ると、聞こえてくるのはほぼ英語。

昼時に、小さな店に案内されて、その時の一言でした。

店を見回すと、他のお客さんは、「thank you(ありがとう)」を言っている。持って来たウエイターさん、ウェイトレスさんに、必ず声をかけています。

それが普通なのだそうです。

対して日本人観光客は、何も言わない。自分たちの話に夢中になっていて、持って来てくれた人に目を向ける事もありません。

「コーヒー一杯でも、持って来てくれた人に、thank you(ありがとう)を言って下さい。相手の目を見つめてにっこりしてくれたら、なお良いです。お願いします」

そう言われて、私たちは慌てて、お礼の言葉を言いました。

旅行が終わるまで、何度か喫茶店や、レストランに入りました。ガイドさんに言われた言葉を覚えていた私は、できるだけ、「thank you」を言いました。微笑みかける。そしてお礼を言う。単純で小さな事ですが、大切な事だと思いました。

それは相手を、人間として見る事だからです。

たった一言。でも、その一言で、人間を見るきっかけになる。日本に戻ってからも、実践しています。

しかし。

実践しない人ももちろんいます。旅行中、ガイドさんに言われて、うん、わかったと言う人ばかりではありませんでした。

「そんなのは、わかってるよ。でもね」

でもね、と言って、言うのが面倒だと、くどくどと言い始める人。

一応うなずきはするが、決して実践せず、無言で無視を貫く人。

男性に多い。

女性は旅行中だけでも、やってみる人が多かった。でも男性は、「thank you」を言っている奥さんや娘さんを横目で見ながら、知らん顔をしている人がとても多かった。面倒くさいのでしょう。

そうして日本に帰ってから、何人の人が、「店の店員にありがとうを言う」事を覚えているか。実践しているか。

あまりいないでしょう。

それでも一度でも実践した人には、可能性が生まれます。いつか、何かの拍子に思い出して、どこかでもう一度、行う事もあるかもしれない。

しかし、一度も実践せず、無視していた人については、その可能性はほとんどない。記憶の隅にも残っていないはずです。

人は、たとえそれが良い事であったとしても。自分の習慣を優先する。自分を変える事を嫌がる生き物だからです。


☆★☆


私はアルバイトで、絵を教えています。初心者向けの簡単なものですが。

元々母が受けた仕事だったのですが、色々あって、私に回ってきました。今でも私で良いのかなあとは思っています。

教えていると、伸びる生徒と伸びない生徒がわかるようになります。

「絵を描くのなんて、小学校以来で……丸もちゃんと描けないんですよ」

と、しゅんとしていた人に、元気づけようと声をかけました。

「他の人と比べる事はないんですよ。今日は、これができた。昨日は、これができた。去年の私より、今年はこれができている。そんな風に、自分のできるようになった事を、一つづつ増やして下さい。忘れてしまっても大丈夫です。一度できたことなら、また出来るようになります。ゆっくり進んで下さいね。焦らなくて良いですから」

そう言うと、うれしそうに笑って、「はい!」と言ってくれました。私の言葉をそうして、実践してくれました。一つづつ、できる事を増やして、喜んで報告してくれたのです。

「今年は、年賀状の絵を描いたんですよ!」

にこにこして報告してくれました。この人は、とても伸びた人です。

一方、何年も同じような絵を描く人もいます。

「ここは、形を良く見て下さい」
「色をもう少し、濃くした方が良いですよ」

アドバイスをすると、必ず「でもね」と言います。

「そんなのはわかってるんですよ。でもね、私はそうしたくないんです」
「でもね、先生。私はこの色で良いんです」

何を言っても、聞きません。最後に、「描けない」と言って持ってきます。

「先生、代わりに描いて下さい」

私、全然うまくならないわ~、とぼやいています。

自分を変えたくない、人の言葉に従いたくない、その一心で描いているので、何年たっても伸びません。

「もう、先生、もっとわかりやすく教えて下さいよ!」

……でもね、が出る限り、どう教えてもわからないと思います。


☆★☆


伸びる人は、小さな子どものように、与えられた助言を喜びながら実践し、自分を変える事をいとわない人です。

伸びない人は、長年の習慣が第一になってしまっていて、自分を決して変えようとしない、それよりは、相手を変えようとして躍起になる人です。

どの分野でも、大体同じです。自己啓発本はいろいろありますが、「習慣」を変える事ができるか否かが、実はかなり重要です。

良い習慣を身につけたいものです。とりあえず、私は店に入ったら、料理を運んで来てくれる人に、「ありがとう」、レジを打ってくれる人に、「ごちそうさまでした」を言い続けています。
web拍手 by FC2

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。