2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

キャベツ。

なんでキャベツで分類が「ハーブ・アロマ」なんだ。と思われる方もいるでしょう。ですが実は、キャベツは立派に薬草なのでした。中世の頃の薬草の図鑑を見ると、しっかり載っています。胃の薬として昔から、使われてきました。ビタミンUやKがあるので、胃の粘膜を再生する効果があるわけです。ちなみにビタミンUは別名、キャベジンと言うのだそうな。……どこかで聞いた名前……。
胃薬の他にも薬草としての効果があります。神経をおだやかになだめる、リラックス効果です。
何だか神経が尖ってしまって、眠れない。そんな時におすすめなのが、キャベツのスープ。

キャベツをざかざか切ります。豪快に切ります。
ショウガも切ります。
ベーコンをちょっぴり、いためておきます。これがダシになります。
ベーコン、ショウガ、キャベツを鍋に入れて、水とコンソメを加えて煮る。煮る。鍋にはふたをしておこう。
三十分ほど煮込んでできあがり。塩コショウで味を調えて、あつあつをどうぞ。

コンソメは、少なめに。野菜の甘みを食べましょう。ショウガで体もほかほかです。食べた後、何となくリラックスします。ほっとする味。

キャベツのスープについては、他にもいろいろレシピがあります。にんじんやセロリを加えたり、片栗粉でとろみをつけたり。アレンジしても楽しいと思うので、探してみて下さいね~(*^_^*)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。