2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

しばらく小説書けそうにないので、裏話をここで少し。

『勾玉幻想』

小説喫茶さんの企画でした。小説風景12選の八月分、企画最後の小説です。

一年続いた企画で、私は一月から参加していました。毎月締切があるのは新鮮と言うか悲惨と言うか…。

絵からイメージ起こして書くのは、やってみると面白いものですね。いかに絵のイメージを壊さずに、それでいて外れた作品にしようかと、燃えました結構。

それでも他の参加者とイメージかぶる時はあったんですが…ねえ光太朗さん(小説風景12選、五月作品参照)。

さて。『勾玉幻想』です。

絵を見た時に、

「…女の子、人間じゃないな〜コレ」

飛んでませんか。飛んでますよね。

和風。古事記とか? と考えかけ、あっさりと

「ゲームにしよう」

テレビ画面を見ている感じで、主人公が直接介入できないような、切ない感じにしたいかなと。

しかしここで問題が。

ゆずはらは、ゲームをあんまり知らないのです。

やった事があまりない。子供時代、ゲームは全面禁止でした、うちの家。こんなのでゲームの話書けるのか?

「…演劇の話にしようか?」

でもそれだと、背景の説明に文字数がかかる。よく知られていて、説明省けるのはやはり、ゲームだろう。

それらしい漫画やアニメや小説ならあるし…調べたら、どうにかなるかも。

妹にも尋ねてみました(妹はわりとやっている)。

RPGの雰囲気だけでも、掴んどきたいんだけど。軽くできそうなのあるかな、との問い掛けに、「ケータイでできるゲームあるよ」との返事。

それは手軽だ。通勤時間にちょっとできるかも。

どんなゲーム? と尋ねた私に妹は、

「ねじ巻いたら、庭が育つんだよ!」

……。

「それ、RPGの参考になるんですか…?」


結局、レンタル屋さんに、ドッ●ハックを借りに行きました。



勾玉幻想 ←小説家になろうの作品ページに飛びます。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

この記事へコメントする















ゆずはらしの

Author:ゆずはらしの
「小説家になろう」にいくつか小説を上げています。

公民館で絵を教えています。水彩画。

紅茶、ハーブ、アロマなどが趣味です。でも手際はあまり良くない。お茶は淹れられるんだけどね。お茶はね!

思いだしたように記事を増やしてゆく予定。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。